Dr. シューベルト動物病院

アスカの左目が半開きに。それに予防接種も打たないと。セナは犬用パスポートをもらわないと。
RIMG0416.JPG

地下鉄に乗って獣医さんに行ってきました。
RIMG0426.jpg

①電車、バス、犬OKで運賃無料、 ②電車に乗った方が環境に優しい(エコな生活心がけてます)、③動物病院の駐車場が狭い(3台で満車)という理由で犬の具合の悪い時以外は電車で獣医に行っています。

仕事帰りのアドちゃんも合流。
RIMG0419.jpg

病院に着いた。
RIMG0429.JPG

アスカ「じゃ帰ろ」
RIMG0430.JPG

獣医についたらぱっちり目が開いた。。。だからそういうのはやめて。
RIMG0431.JPG

アスカ「だから帰ろって」
RIMG0438.jpg

尻尾が下がる。
IMG_0341.jpg

セナは余裕です。
RIMG0441.JPGRIMG0444.JPG

待ちくたびれてきた。瞑想モード。
RIMG0447.JPG

アスカは注射が一度ものすんごぉぉく痛かったらしく、それ以来獣医さんが嫌いに。
注射がない時は震えるだけですが、注射だとわかると、打つ前から悲鳴をあげて「虐待だーーー」とアピール。鳴くだけで、暴れたりはしません。

幸い、目の方は少し炎症があるだけで、目薬をさせば大丈夫と言われました。
他に狂犬病の予防接種とその他の伝染病の予防接種の注射も打ってもらいました。

じゃ次、セナ。
健康チェックから。
IMG_0344.jpg
シューベルト先生「キツネちゃん、目見せてー」セナ「ちつれいね。セナは日保の柴犬なのよ」

セナは尻尾も下げず、お利口にしていて褒められました。
でも狂犬病予防注射を打たなくてはいけません。

先生は注射の準備中。私「ショーの練習しとこ。立ってみ。」
RIMG0450.JPG

セナ、注射針がささっても気づかないくらいでした。先生、うまいです。

セナは去年の12月に日本で狂犬病の注射を打っていますが、ドイツでも打たなくてはいけません。(アスカの時も日本、ドイツと2回打ちました。)
年に2回打っても問題はないとのことなので、ドイツの狂犬病スタンプをもらうために、打ってもらいました。
3年有効なので次は2016年3月。アスカは6歳、セナは3歳か。

ドイツはまだ狂犬病があり、ここフランクフルトでは2005年に狂犬病のキツネが見つかっています。狂犬病予防接種は必須です!!!

ようやく終了。109ユーロ。*1ユーロ=約124円。
アスカ「帰ろー。」尻尾復活。
RIMG0451.JPG

で、目薬と一緒に
RIMG0471.JPG
セナ用のパスポートもらいました!!(右の奇麗な方がセナのパスポートです)

パスポートのハナシは明日に続きます。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

血がつながっているということ

血がつながっているのだから、容姿が似るのは当然ですが、性格も似るそうです。

コロスケさん、日保の中谷先生に教えて頂きました。
実は去年ドイツで日保展が開催された時に中谷先生の通訳をさせてもらいました。
本当に貴重な体験でした。いつかその時のこともブログに書きたいな。
P9301405.jpeg
こんな感じでした。

ところで。
セナの姉妹犬、幸希ちゃん、ぬいぐるみの綿を出すのが好きだそうです。
セナは今まであまりぬいぐるみに興味がなかったのですが、アスカのぬいぐるみ遊びを見て、最近ぬいぐるみに興味を持ち始めました。

アスカの遊び方:振り回す、噛む、一緒に寝る。
セナ:振り回す、くわえて走る、綿を出す。

Youtubeの動画もよかったらどうそ。ぬいぐるみを2匹一緒に振り回しています。
http://www.youtube.com/watch?v=r6PQbB6kcdI

この振り回しで獲物をしとめます。
例)モグラ 2010年10月撮影。
左の黒いかたまりモグラです。モグラの手が怖い。(クリックして写真を拡大するとよりリアルに見えますが、爪がね...怖)
RIMG1931_2.jpg
アスカ「どうよ。」
私「食べんのなら殺すな!」実際に食べてもらっても困るけど、遊びで殺生するのもどうかと思う。

巨大ひよこのぬいぐるみは一昨年のイースターにアスカに買い与えました。アスカのお気に入りのおもちゃです。
引っ張り合いをしていたので、どうなるかと見守っていたら、結局、アスカが諦めました。
RIMG0220.JPG

結果。
RIMG0228.jpgRIMG0226.jpgRIMG0225.JPG

綿を出すのうまいです。ほつれやすいところを見つけ、糸を解き、鼻をつっこみ、綿を出す。出した綿を飛ばす。で、また出す。

アスカ「セナがやったんぜ、アーちゃん何もしとらん」
RIMG0229.jpg
はいその通り。で、片付けは私か。

姉妹犬チャコちゃんも綿好きなのかな。
誰の遺伝だろ?花梨かな。
次のターゲットを物色中。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

ドライフードの比較

そういえばフードの比較をどこかで見た気がする。

あった。
RIMG0400.JPG

“ドライフード特集”(Stiftung Warentest 2010年11月号)。物持ちの良いオランダ人に感謝。アドちゃん、テストマガジンを定期購読中。

*テストマガジン(製品の比較評価をする雑誌) はドイツでかなり売れてます。信用度が高いので、商品にこの雑誌の評価ロゴがついてたりします。
例)洗剤についた評価ロゴ
RIMG0385.JPG

で、ドッグフードの比較 'Das grosse Fressen' pp.56-61より
評価の方法:15kgの成犬が1日に必要な栄養素が十分に含まれているか、微生物の含有量(10%まで)、成分表示が法律にのっとっているか、有害物質の有無を調べる。
評価対象にはなっていませんが、1日あたりにかかる食事代も載ってます。(1ユーロ=約123円)

*ドイツでのおおよその価格もリサーチしました。15kgのフードを買った時のキロ単価です。

*ついでにタンパク質と脂肪分もリサーチ。

評価:非常に良い(雑誌掲載順です。順位ではないです。日本に入荷していそうなものをピックアップ)

-Eukanuba ユーカヌーバ ラム&ライス 中型 0.84 ユーロ/日 3.99 ユーロ/ kg  タンパク質 24.0% 脂肪15.5%
-Hill's Science Plan ヒルズサイエンスプラン チキン 中型 0.71/日 4.16/ kg タンパク質 23.0% 脂肪 15.2%
-Pro Plan プロプラン チキン&ライス 0.66/日 3.85/ kg タンパク質 26% 脂肪 16%
-Bosch  ボッシュ 成犬 0.37/日 2.00 / kg タンパク質 21% 脂肪 12%
-Bozita  ボジータ オリジナル 0.42/日 1.86 / kg タンパク質 21% 脂肪 10%
-Pedigree ペディグリー 5種類の肉と野菜 0.37/日 1.83 /kg タンパク質 22% 脂肪 13%
-Yaraah Bio ヤラー ビオ チキンと穀類 0.88/日 4.28 / kg タンパク質 25% 脂肪 8%
-Royal Canin ロイヤルカナン 中型 0.70/日 3.99/ kg タンパク質 25% 脂肪 14%

良い 日本に未入荷なようなので、略。

不十分(栄養素が足りていない、もしくは含みすぎ)

-Defu Bio デフー 鳥肉 0.73/日 4.00 / kg ビタミンA不足 タンパク質 23 % 脂肪 12%
-Happy Dog ハッピードッグ ディンケル小麦 0.38/日 3.13/ kg ビタミンA不足 タンパク質 23% 脂肪 10%
-Mera Dog メラドッグ 0.50/日 2.88/ kg ビタミンA不足  タンパク質 22.5 % 脂肪 13%
-Orijen  オリジン 成犬 0.90/ 日 6.26 /kg カルシウムを含み過ぎ。子犬に与えてはいけない。タンパク質 38% 脂肪 17% 

“不十分”評価のデフー、以前アスカに与えてしまいました。オーガニックだから大丈夫かと思っていたら、失敗です。オーガニックだから、値段が高いから良いとは限らないんですね。

コロスケさんからの助言:「柴犬は脂肪よりもタンパク質が重要。」

'Wolfsblut'「狼の血」はタンパク質30%、脂肪18%。脂肪が多いかな。。。サーモンオイル由来なんだけど、どうなんだろう。。。ビタミン類、 オメガ3脂肪酸の含有量は十分でした。
RIMG0452.jpg

ドイツのオーガニック系のフードはタンパク質の含有率の高いフードが多いです。私が買った「狼の血 グリーンバレー」はラムとサーモン由来のタンパク質と脂肪成分を多く含むフードです。

最近は健康ブームからか、魚由来のタンパク質を含むフードが多くなった気がします。
あと、オーガニック系はワイルド肉(ウサギ、鹿、トナカイetc)を使用したものが多いかな。

で、味の方は?
RIMG0385.jpg
セナ&アスカ「ご飯は」
RIMG0387.JPG
セナ&アスカ「おいしーーー」(ユニゾンで)

何に対しても食いつきが良過ぎて参考になりません。今のところ、便は問題なし。後は毛がどうなるかで。どうかなぁ。

3年前。。。
RIMG0884.jpg
私「ちょっと見せてよ」
アスカ「自分で見るん!」
RIMG0881.jpg
アスカ「タンパク質が。。。」
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

ウルフつながりで

今日から新しいフード。10%offで買っておいたフードです。(2月24日の記事)
RIMG0448.JPG

新発売でした。
オオカミをパッケージにつけるなんて卑怯だ。そして商品名が「狼の血」。買いでしょ。

勿論オオカミだけで選んだわけではありません。
なるべくオーガニックもしくはドイツのフードを買うようにしています。

初めてのフードなので、5kgのパッケージを買いたかったのですが、うちの節約大好きオランダ人が「5kgのパッケージは1kg6ユーロで、15kgのパッケージは1kg4ユーロだ。」と言い出し、結局キロ単価の安い15kgパックを購入しました。

ドイツでは(恐らくオランダでも)商品に1kgもしくは100g あたりの値段が表示されています。量り売りの肉や野菜だけでなく、既に包装済みのもの、チョコやヨーグルトにもキロあたりの値段がついていて、消費者が価格を比べやすくなってます。

このグリーバレー「ラム、鮭、サジー(沙棘)、ハーブ」味です。小麦未使用。
「小麦は農薬残留率が高いので気をつけるべし」とドイツ人に言われたので、小麦の入っていないフード、例えば、米やじゃがいものフードを食べさせています。

アドちゃん「オオカミフードでーす。」
RIMG0460.JPG
アスカ「アスカ、狼になるん」
セナ「キャーご飯の時間なの」

味見。
P3172568_2.jpg
セナ「おいしー」
P3172566_2.jpg
アスカ「もう1コ食べていいけ?」

準備中。キッチンドアの前。
P3172573.jpg

左が昨日までのフード、右がウルフの方です。粒は大きくなりましたが、軽いです。
RIMG0468.JPG

アスカはご飯の前などなかなか食べ物がもらえない時に尻尾を下げます。
セナはフードが容器に入る、「カランカラン」という音で悲鳴をあげます。
P3172571.jpg

じゃ、アスカから。
P3172579.jpg
急いで食べられないように突起つき容器。ゆっくり食べるようになって、少し満足感も上がったんじゃないかな。

セナは待ての特訓中。
P3172583.jpeg

食いつきは良かったです。(何食べても同じですが。)

フード選びは毎回悩みます。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

アイリッシュウルフハウンドおまけでウルフスピッツ

早起きして散歩を頑張る私にイヌガミ様(犬の神様)からのご褒美か。ありがたやー。
RIMG0367.JPG

アイリッシュ ウルフ ハウンドです!!!!!
*どの写真もクリックすると大きくなるので、ウルフハウンド好きの方、楽しんで下さい。

アスカもセナも興味津々で匂いをかがせてもらいました。未去勢オスですが、アスカは尻尾ふりふり。
RIMG0368.JPG

明日もこの時間にここで待ってたら会えますか?
RIMG0369.JPG

寒さと興奮で写真がぶれ、しかも3枚しか撮れてない。不覚。
前に撮ったのも載せちゃえ。別の犬です。(2010年12月16日)
RIMG2131.JPGRIMG2132.JPG
所作が優雅すぎる。

このブログを始めた時からいつかアイリッシュウルフハウンドの写真を載せたい、と狙っていました。

ドイチェドッケ(グレートデン)が世界最大の犬と聞きますが、アイリッシュウルフハウンドの方が大きく感じます。背が高いからかな。体高は約80cmです。
ドイチェドッケもですが、ここまで大きい犬種は性格がおっとりというか、超越しているというか、悟りを開いているというか、とにかく落ち着いた子が多いです。

家に1匹欲しいかも。

ただ、この犬種、寿命が短いです。平均6年。
「10年が限界。」(飼育経験のある獣医さん談)
「長生きしないので、犬を失う悲しみに耐えられない人には向かない」(アニマルプラネットのDog 101より

6年は短すぎる。辛くて飼えません。

おまけで(ジャーマン)ウルフスピッツ
RIMG0365.JPG
顔が柴っぽいですよね。

うちのウルフたち。
RIMG0312.JPG
オオカミちゃんです。
RIMG0311.JPG
ドイツ人にも時たま「ウルフっぽいね。」と言われます。もっと言って下さい。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

鳥のエサトラップ

午前6時半、鳥おばさん始動。約1時間の散歩の間に公園の至る所に「鳥のエサ」を置いて行く。

粟とかひまわりの種くらいなら、犬は食べません。おばさんが置いていくのは、普通の鳥のエサ+レーズン、ナッツ。「雪が降って野鳥の食べる物がなくてかわいそう」、というのが鳥おばさんの言い分ですが、1年中まきます。「野鳥にエサをやるな!」と言いたい。しかも場所が「犬用原っぱ」なので、「鳥のエサ」を犬が食べてしまい、犬飼いと鳥おばさんの間でバトルが頻発してます。

私たちの昨日の散歩は6時40分のスタート。鳥おばさんが置いたばかりのエサ(罠)にまんまとひっかかり、鳥エサにがっつくアスカとセナに振り回されました。。。おばさん、犬用原っぱにパンをまくこたぁないでしょ。パンは反則です。

私が駆け寄ると、怒られるのを察知した2匹がどんどん次のトラップにかかっていく。300mくらい追いかけました。

犬をコントロールできない自分と鳥おばさんへの怒りがマックスで、平常心がぶっとび、セナとアスカを感情的に怒ってしまった。。。

2匹をリードにつないで歩き出した時、アスカのリードを落としてしまいました。
「ちょっと待って」のコマンドを無視し、アスカはそのまま逃走。
5mくらい先でリードを噛んで振り回して、呼んでも来ません。近づこうとすると逃げる。

感情的に怒っても伝わらないし、犬は逃げる。猛省。
鳥おばさんの罠に1番はまったのは私か。
「落ち着け自分」と念じている内に、アスカはまた戻って来てくれました。
*ここまで写真を撮っている余裕なし。

しばらくリードつきで歩いて、おばさんのコースから十分に外れたところでオフリード。

RIMG0376.jpg


RIMG0378.jpg


RIMG0377.jpg


RIMG0322.JPG

この後は2匹とも私のそばから離れず、呼べば来るいつもの散歩になりました。

呼び戻しができた、留守番ができた、と喜んでいたら、落とし穴です。鳥エサ対策を考えねば。

もちろん悩むのは私で、オランダ人は、いいとこどり。
P3152579.jpgP3152577-1.jpg

オランダ人的人生観:ありのままを受け入れる、がんばらない。
P3152628.jpgP3152634.jpgP3152673.jpgP3152659.jpg

見てるだけで幸せな気持ちになったので、ま、いっか。うまくいかない日もあります。
明日は早起きして、トラップがしかけられる前に散歩に行こうと思う。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

柴犬に留守番を頼んでみた

今日は日本人学校の卒業式です。
うちは子供がいないのであまり関係ないのですが、教え子が卒業するので、なんだかほんわかした気持ちになってます。

私は家で英語、独語、数学を教えています。あとは語学学校で週1回、ドイツ人相手に日本語も。
3.11の震災後に何か日本に貢献したいと思い、日本語教師養成講座を受講し、縁あって今年の1月から日本語教師になりました。

今日は学期末のミーティングで午後から2時間半、家を空けなくてはなりません。
どうすっかなぁ。

つい最近までの留守番。
RIMG0218.JPG
自作バリケードで2匹を分けてましたが、セナが飛び越えてしまうことが判明。

そろそろ2匹だけで留守番させてみるか。2匹の傾向はつかんでる。あとは対策だ。

対策1:散歩で疲れさせる。ちょっと早いけど、昼の散歩を出かける直前に1時間。
RIMG0320.JPG
寝てて下さい。

対策2:けんかの原因になるものを排除。
台所のドアはきっちり閉めて、机の上の食べ物とかも片付け、オランダ人を排除(元々仕事でいない)。
RIMG0381.JPG
柴ズ「なんだか嫌な予感がすんだけど。」

対策3:言い聞かせる。(効果はあるのか?)
私「留守番じゃ」
RIMG0347.JPG

私「おりこうさんしとき。けんかと家を破壊した子は家に入れん。」
アスカ「まじ?」セナ「いやぁー」
RIMG0352.JPG

じゃ、あとよろしく。手前の君が心配だ。
RIMG0343.jpg

2時間半後、帰宅。
RIMG0317.JPG
RIMG0342.jpg
おかえりぃーーーーー

2匹とも鼻が乾いていて、あくびと伸びの連続だったのでどうやら寝てたようです。
RIMG0323.jpg

家具も無事でした。

達成感。
セナ「セナはおりこうさんなの。」
RIMG0338.jpg
得意げで嬉しそう。
RIMG0355.jpg

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

セナの毛とヌートリア

セナの毛は雪がくっつきます。
RIMG0355.jpg
アンダーコートにくっついて固まり、凍ります。
RIMG0358.JPG

指でほぐさないと、とれません。くっついた雪への本人の対応:歯でほぐして食べとく。
RIMG0371.JPG

セナの毛は固めで、アンダーコートが緊密。いい感じだと思う。
2匹目の柴を選ぶとき、ドッグショーに出たかったのでサイズと毛質を重視して選びました。勿論、性格も。人懐っこい性格の方が呼び戻しが教えやすいと思い、セナにしました。

相変わらずの雪。2匹とも浮かれ過ぎ。特にアスカ、落ち着け。
RIMG0342.JPG
この若いオス、柴娘と遊びたくて、2匹の機嫌とってます。普段なら、はしゃぐ若オスにはアスカの「あっちへいけ」の鼻しわが出るんですが、機嫌がいいので、遊んでやるかって感じかな。
RIMG0346.JPG

一昨日、雪で浮かれて迷子になった子(オレンジコートの子)が見つかりました。お父さんが探している間に自力で家に帰っていたらしい。
ハンガリー原産のビズラという犬種。猟犬です。
うちのハンター(=アスカ)も要注意。セナ以上に雪に浮かれて、調子にのってる。
RIMG0312.JPG

そりで遊ぶ子供を避けて川沿いを散歩。セナがね、子供好き過ぎる。。。公園で遊ぶ子供を追いかけてしまったので気をつけてます。
RIMG0333.JPGRIMG0338.JPG

ドブネズミの外国版「洋溝鼠」。
RIMG0334.JPG
ビーバーだと思ってたら、友達がヌートリア(通称ヌー)って言うんだよ、と。日本にも生息しているようです。富山にはいなかった。

優雅に泳ぐ。
RIMG0337.JPG

今のところ、ヌーは狩りの対象になっていません。ドブネズミはねぇ。。。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村


オランダ人が不機嫌な理由

更に降って、ただ今、積雪量20cm。ごぼります。(ごぼる=足が雪にうまること)
雪ーーー 
RIMG0341.JPGRIMG0342.JPG

アスカは雪の日はいつも機嫌がよく警戒心が吹っ飛んでいるので、初対面の子たちとも遊びます。このあと4頭一緒にウサギ狩りにでかけてしまいました。。。
セナと私は置き去り。
RIMG0360.JPG

セナが一人で遊んでいると、
RIMG0366.JPG

バーニーズマウンテンドッグx2登場。この子たち、公園だとすごく大人しいのですが、番犬として会社で飼われているので、会社の敷地内にいる時は鬼の形相で吠えてきます。犬にもヒトにも。
セナ、大型犬にも慣れて逃げなくなりました。成長したな。
RIMG0365.JPG

アスカ、はしゃぎ過ぎなので捕獲。雪が積もりすぎて、道が見えない、どこ歩けばいいのかわからない。ごぼりながら2時間近く歩きました。
RIMG0368.JPG

ところで、うちのオランダ人、不機嫌です。野球のせいではありません。
原因:犬税の請求書。1頭目は90ユーロ、2頭目からは180ユーロ。
90ユーロだと思っていたので、アドちゃん、「セナは高い」とぶーぶー。
P3122567-1.jpeg
P3122568.jpeg
P3122570.jpeg

ふざけていると、
P3122571.jpeg
セナ「ごめんなのー」
気にすんな。遊んでただけ。

セナ「ってかセナのせいじゃないわー」
その通り。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

年270ユーロ(約3万3千円)で幸せ柴生活が送れるなら安いです。
*犬税は自治体によって違います。フランクフルトの場合です。
3月13日、1ユーロ=124円。  

白くなった

昨日の夕方。
RIMG0314.jpg

今日の朝。
RIMG0317.JPG

積もり過ぎじゃないですか。アドちゃんも私も寒さでテンション低。また雪か。
2匹は向かい風で顔に雪がついてもひげが凍っても平気。ヒトは鼻水がとまらない。
RIMG0314.JPG
RIMG0316.JPG
RIMG0310.jpg

散歩の途中で犬を探しているおじさんに出会いました。雪ではしゃいで、走り回っているうちに見えなくなったそうで。雪の日、犬はうかれぽんちです。気つけんといけん。
ね、セナ。
RIMG0313.jpg

アスカも!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。