ウリ坊

セーラちゃんとケイティちゃんと新緑の山散歩。
新緑の中をセーラケイティと

セーラ・ケイティちゃんが優しいのでアスカも心許して、一緒に追いかけっこしてました。
うきゃきゃきゃなセーラ

アスカが追いかけていたんですけど、全然追いつけません。さすがFT系。
セーラとケイティみて

そうこうしてるうちに、いつもの失踪ポイント(詳しくはこちら→「密告」)でアスカが失踪。

骨は前回片付けた。でも戻ってこない。

仕方なく見に行ったら。また骨。
骨めっけデジャブ

下半身もあったのか。(涙

食べんなっ!
なにくっとんじゃい

私が見てると見せびらかして、捕まえようとすると逃げるの繰り返しなので、離れて待って、15分後、群れに復帰。
何事もなかったかのように

そうそう、この中ではアスカが一番年上です。
年の順でおやつもらう

皆に敬ってもらって気を遣ってもらってます。感謝しなよ、アスカ!
きぃつかいのFT系

***
でこの後。

アスカ、ウリ坊を殺りました。

幸い母イノシシはそばにいなかったので、母イノシシに逆襲されることもなく全員無事帰還。

ウリ坊、ちょっとの傷なら獣医さんに連れて行こうと思ったんですけど、アスカが食べてしまって。。。助かりませんでした。
察してください
ごめん。。。

ウリ坊の写真は可哀想なんでなしです。血まみれのアスカを見て察してください。。。(ウリ坊の血です)

その後、セーラちゃんがウ◯コに魅入られ、いろいろやらかし。

怒られコンビ↓
怒られコンビ

懲りずにまた一緒に散歩してくれるかな???
またねーばいばいのセーラケイティ

セナの写真が全然ない。。。
写真ないけどね

ごめん、セナ。ちゃんと見てたよ。

君は賢い。
セナはお利口でした

そんな感じで今日はおしまい。また明日。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

14 Comments

トキ says...""
アスカさん・・・ あなたすごいです。
他の柴飼いさんのブログにはこんな話でてこないもんね。
日本でこんなことあったらー。想像するとちょっと怖い('◇')ゞ

風葬まがいの白骨を発見したりそれを食したり、ね。
狩りの話は日常だったからもうあまり驚かなくなってたけど今度はウリ坊とな?やりますな・・・
でもホントに母イノシシがそばにいなくてよかったです。
みなさん無事でよかった。
でもアスカさん、ママやセナや一緒にいるワンコ達を危険な目に合わせちゃダメよ。
と言いながらもそんなあなたが大好きよ。 もちろんお利口さんのセナちゃんも(^^)


2016.05.01 01:53 | URL | #- [edit]
shirokumataro says...""
こんにちは☆

ちょっと来れない間に色々と起きていたんですね(笑

アスカさーん!すごい・・・やはり野生の血が騒ぐのか!鮮やかな赤い模様が想像力をかきたてますな(汗
骨にウリ坊に。アスカちゃん的には大満足なお散歩だったんだろうな(苦笑
母イノシシいなくて本当によかった。気をつけなきゃですね(泣

セーラちゃんケイティちゃんと仲良くなれたんですね(^^)
前の記事で唸っちゃったとあったけど、怒られコンビ結成するほどまでになって嬉しいですね(笑
しかし姐御はやはり姐御であり続ける☆

おりこうセナちゃん、今回は出番少なめでしたね。写真なくてもmiyukiさんがその場で見守ってくれてたらそれが一番(^^)



コメントありがとうございます♪
2016.05.01 03:03 | URL | #- [edit]
chieko says...""
猪を狩るとはアスカたん!柴犬!恐るべしっ!
犬からすると猪、兎、鼠はそれぞれ味が違うのかなー。
兎が一番美味しそう…。

セーラちゃんやケイティちゃんのように大人しくて気を使える子だと、アスカ番長と良好な関係が築けますね。
ラブちゃんてやっぱりお利口なんですかね。
2016.05.01 07:10 | URL | #- [edit]
mirror mirror says...""
私だってボタン鍋(イノシシ肉鍋)を頂いて美味しいと思ったのですからア~たんと一緒です。自分でヤルか、人の手を借りて肉におろすかだけの差ですから。

それにしても犬って うXX食べてしまうのですか?マジ?どんな味やろ?

LIKE有難うございました。
2016.05.01 11:02 | URL | #- [edit]
シバ says...""
柴犬って狩りするんですね。
本気で。
かわいい顔のあーたんからはとても想像できません。
マジな顔して庭の蜂を追いかけてる私の家の柴がなんだかとっても貧弱に見えました。
2016.05.01 11:18 | URL | #- [edit]
ミホ says...""
アスカさん、すごいっす。イノシシまでいくとは、しかも食す。。
ワイルドだわー、日本じゃないところで生きる方がアータンらしくいられて幸せ♡
野に放たれた時のアータンは一層お転婆ですね。
FTシスターズかわいいですね♡仲良くなれてよかったです。
けっこうこちらもイタズラっこで可愛い。
2016.05.01 15:01 | URL | #- [edit]
チョビママ says...""
アスカちゃ〜ん…殺ってしまったのね…でも、母イノシシが居なくて 本当に良かった。
アスカちゃんもみゆきさん達も危なかったですからね。
益々猟犬らしくなって…って褒めちゃいかんですね…次に山へ行く時は、気をつけてください。
母イノシシが ウロウロしているかもしれないから。
2016.05.01 15:29 | URL | #- [edit]
ネネのおっかあ says..."賛成できない"
猟犬でもないのにドイツでは野生の動物を殺しても構わないのですか?
逆にフリーにしていて、自分の犬が怪我をさせられたり殺されても構わないということですよね。
私はエライね、他の方のように凄いねと言えません…
2016.05.02 07:42 | URL | #Ww2RnZJk [edit]
コタロウ母 says...""
あたしはMiyukiさんのブログを拝見して
自分が飼っているのは犬なのだと、再認識させていただいてます。

どんなに愛おしい息子でも、ヒトではない。

普段の暮らしでは抜けやすい部分だと思うです。
けど、彼らはずっと、山で猪を狩ったり兎を狩ったりしてきた生き物。
その本能は脈々と受け継がれてるんですよね。

決していい事ではないかもしれませんが
生物としての犬の本能と能力に、やはりあたしはすごいなぁと思うのです。
その能力・本能を、あたし達との暮らしでは普段潜めてくれている事にありがとうと思うんです。

ドイツの環境はすごいですね〜。
日本でも、ほんとの田舎で暮らしてる子は、年に数回はこういう事もあるのかなー?
環境が違えば、管理だけで防ぐのが難しい場合もあると思います。
実際に自分の目で状況を見た訳じゃないから、一概に言えないですよね〜。

長くなっちゃったけど、伝えたい事…
あるがままを覗かせてもらって

自分が共に暮らしているのは犬なのだ

としっかり認識させてもらえてありがたいです。
息子の本能もいつ覚醒するかはわからないので、気をつけながら一緒に生きていきます〜。

アーたんに、狩りより楽しい事が見つかりますようにっ。…ロザくんとのデートかなっ笑?
2016.05.16 05:25 | URL | #AYRMQa7Y [edit]
miyuki says...""
トキさんへ

親とはぐれてしまっていたのか。。。かわいそうなことをしました。
骨はまだいいけど、生きてるのはほんとやめて。
親がいたら、ちゃんと子供を連れて逃げていたと思うんですけど。というか、ウリ坊がいたところは麓からそれほど離れていなくて、なんでこんなとこにいるの?!ってびっくりしました。
餌づけする人がいるから下に降りるようになっちゃってたのかなぁ。

shirokumataroさんへ

まさかの遭遇でした。野生動物に会わないように「早い時間に森に入らない」「奥には行かない」「音を立てたり、声を出して、人がいることを知らせる」いろいろ気をつけていたんですけど。
親とはぐれてしまっていたようです。
”食べる”ってことにものすごい情熱を燃やしているんだなと改めて実感しました。朝ごはんあげてから散歩してたらよかったのかな?

chiekoさんへ

うさぎ、食べたことがあるんですけど、なんだか変な味でしたよ。鹿の方がビーフみたいでまだ食べられました。アスカはどれが一番好きなんだろう?生肉を買うたびにどれが好き?って聞くんですが、全部丸呑みなので、好みがわかりません。
セーラ・ケイティとはもうすっかり仲良くなれました。一緒に走ってます。友達ができて本当にうれしい!!
2016.05.18 03:03 | URL | #BIEnVpUQ [edit]
miyuki says...""
mirror mirrorさんへ

イノシシ、召し上がったことがあるんですね。フランスでは”ワイルド”系の肉、召し上がったことありますか?ウサギがよくメニューに載っているイメージがありますが。
ウン。。。なんで食べちゃうんだろう。セーラもアスカも。

シバさんへ

セナも蜂、追いかけますよー。口、刺されたらどうすんのよ!って。ハエも追いかけてます。こっちは口入ったらって想像して、オエッ。アスカはやりません。
前はオスを飼っていたんですけど、オスはこんなに狩りに熱中しませんでした。。。女子は食い意地がはってます。

ミホさんへ

食べるために、やってますね、この子は。普通にご飯あげて、オヤツもたっぷりあげてるんですけど。。。
アスカはドイツ永住ですね。(汗
セーラもケイティも狩りをしますが、この子たちは追いかけるだけで本気度がうちとは違います。
うちの2匹もそんな感じだったらよかったのに。
2016.05.18 03:10 | URL | #BIEnVpUQ [edit]
miyuki says...""
チョビママさんへ

イノシシが出るようなところ歩いてないんですよ。。。インター(アメリカ系)のすぐそばです。餌やりの人のせいで、下に降りるようになったのかなぁ。。。まだ餌やり続いてるのかな。。。
本当迷惑。

ネネのおっかあさんへ

山に入る時は野生動物に会わないように気をつけています。奥には犬を連れて行きませんし、時間も9時〜、人がいることを知らせるために大きめの音(声)を出して歩いています。6年山に通ってこんなことは初めてです。イノシシに餌をやる人がいるせいで、イノシシが下に降りるようになったってこと再認識しました。もっと気をつけようと思いました。

コタロウ母さんへ

朝ごはん食べさせてから、散歩させたらいいのかな?
アスカは食べるために狩ってますね。どこまでも肉食です。。。
オスはそこまで食べることに執着しない子が多いですが、コタロウくんはどうですか?
あと、アスカは遊んでいる時も狩りのように、オモチャを追いかけたり、振り回したり、噛んだりしてます。練習になってしまっていたのかな。
わたしは日本の田舎暮らしでしたが、野生動物は全然見ませんでした。日本の方が野生動物、人を恐れている気がします。こっちの人たちは野生動物に餌付けしようとしたり、野生・自然に対する認識が甘い気が。
2016.05.18 03:28 | URL | #BIEnVpUQ [edit]
コタロウ母 says...""
なるほどー、国民性の違いもあるんですね…
Miyukiさんの努力をブログで拝見してるので、ハプニングとか一種の事故だと感じてました。
その背景には、野生動物に餌付け…Σ(゚Д゚)

おっしゃる通り、うちの息子は
食べたい時に食べたい物しか食べませんw
生肉だろうと新しいウマウマだろうと
1回目はパクパクですが、すぐに価値が下がり、食べてくれなくなります。
乳製品は例外ですけど、それすらも
お外の魅力に負ける事があります。 

狩りを楽しむ事を覚えてしまっているなら
満腹でも狩ってしまうと思うし
狩り以上の楽しみ(アドレナリンがドバー!と出るもの)なんて、なかなか無いですよね…
悩ましい〜!!!

2016.05.18 06:44 | URL | #AYRMQa7Y [edit]
カノン says..."古い記事にコメントしてすみません。"
はじめまして。いつもblogを読ませて頂いて元気をもらっています!

今回はたまたまアーカイブから過去の記事を読んでいたのですが、この日の日記は賛否両論のコメントが付いていたんですね。
自分なりにも色々と考えましたが、コタロウ母さんの意見が私にとってはすっと受け入れられるものでした。
確かに犬たちは私たちの家族ではありますが、人間ではありません。そして本来は自然の中で培ってきた本能がむき出しなものだと思いますが、私たちの家族として暮らすためにその本能を抑えてくれているのだ、ということ。その通りだと思います。
確かに一緒に暮らす限り自然のありのままで暮らすことはできないので、最低限のしつけは必要なものかと思いますが、それでも犬たちを人間社会のルールでがんじがらめにするのも違っていると思います。
その自由度とルールの境界線が日本のような人口過密な所ではルールが重視され、ドイツのように犬たちに寛大な国では犬たちにとってある程度の自由が許されるため、犬たちは本能が発揮されやすいのかな、と。
日本での犬との共同生活に慣れている私たちにとっては驚きの連続ですが、多分、本能を発揮したらアスカちゃんのように狩猟の才能を開花させてしまうかもしれませんね。
本当に私たちの家族として、その隠し持っているであろう野生の牙を、納めていてくれることに感謝します。

今回の記事に関してはmiyukiさんが日々、野生動物を狩らないように工夫されても止められなかったことだと、このblogの読者の方々は分かっているはずです。miyukiさんのことなので次はないように工夫されているかとは思いますが、どうかmiyukiさんファミリーに危険が及びそうなことだけは避けて頂ければと思います。それ以外は…日本では知ることのできない日々の記録なので、読ませて頂けて大感謝です。
コタロウ母さんのコメントも色々と考えるきっかけとなりました。
私も家族(柴女・7歳)をぎゅっと抱き締めたいです!

miyukiさん、くれぐれもこれから寒くなりますのでお身体崩されませんよう気を付けてください。
2016.12.20 13:18 | URL | #QjtTlS4. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。