ラッキー、アンラッキー

原発性脳腫瘍の発生確率:約14.5匹/10万匹。

不幸直撃。

運命呪うしかないですね。
2017年6月30日

脳腫瘍は予後が非常に悪いです。
2017年6月30日1

私が見たサイトでは初期で見つかって治療をしても余命4ヶ月−2年って書いてありました。

脳なので手術のリスクが高すぎて、そう簡単に腫瘍を取り除くことができません。

仮にアスカの脳腫瘍が初期で見つかっていたとしても、バッドエンドがわかっているから積極的な治療は受けさせなかったと思います。

他の部位にできた腫瘍だったらまだ望みあったのにな。
2017年6月30日2

だから見つかるのが遅かったことに対しては後悔どころか、辛く悲しい時間が短くてラッキーだったのかもって思ってます。

もう一つラッキーだったのは腫瘍のできた箇所が小脳だったこと。
2017年6月30日5

小脳の働きは運動機能の調整です。
2017年6月30日6
*アドちゃんが投げようとしているのはリンゴです。

アスカ、前ほどうまく歩けないし、立ち上がったり、寝返りうったりするのも難しい時がありますが、運動機能以外はそれほど腫瘍の影響を受けていません。
2017年6月30日7

性格に変化もないし、私やアドのことも認識できてます。
2017年6月30日8

ウサギを見れば追いかける→正常。
2017年6月30日ふぅ

てんかんの発作もほぼなし。(私の前ではまだ一度も発作を起こしてません。)

食欲旺盛、朝晩散歩にも行けてます。
2017年6月30日てへ

末期の脳腫瘍なんて嘘みたい。

***
今日の夕方ロッチャンと散歩に行きます。

ブラッシングしてデートに備えてます。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

15 Comments

なあな says..."なんと言っていいのか...."
ブログを拝見してからそんなに経っていませんが、過去ログから読み返してアスカやセナ、アドちゃんのこと、ミユキさんの文章、本当に楽しみでした。長らく更新がなく、具合が悪いのかな?犬たちに何かあったのでは?と心配していました。
やっと再開❗と思ったら、ショックな内容で....ミユキさんの心情を思うと....もし、うちの子が同じ状況にあったらと考えると、本当に辛くて悔しいんだろうと涙が止まりません....
遠く離れた日本の地ではアーチャンになにもしてあげられませんが、せめて穏やかにその時を迎えられますようお祈りいたします。
2017.06.30 12:13 | URL | #- [edit]
なあな says..."なんと言っていいのか...."
ブログを拝見してからそんなに経っていませんが、過去ログから読み返してアスカやセナ、アドちゃんのこと、ミユキさんの文章、本当に楽しみでした。長らく更新がなく、具合が悪いのかな?犬たちに何かあったのでは?と心配していました。
やっと再開❗と思ったら、ショックな内容で....ミユキさんの心情を思うと....もし、うちの子が同じ状況にあったらと考えると、本当に辛くて悔しいんだろうと涙が止まりません....
遠く離れた日本の地ではアーチャンになにもしてあげられませんが、せめて穏やかにその時を迎えられますようお祈りいたします。
2017.06.30 12:14 | URL | #- [edit]
ゆうゆ says..."いつも通り"
先代のワンコは乳がんが見つかり、まだ腫瘍が小さいから手術すれば、予後もいいと言われ、全摘しました。
でも手術して三ケ月後に、肺に転移していたことがわかり、余命1週間の宣告を受けました。
突然の余命宣告。それからの1週間はよく覚えていませんがなるべくいつも通りに過ごしていました。一日、一日を大切に、安らかに旅立てるよう、穏やかに過ごしていました。心中複雑かと思いますが、イチバン不安なのはアスカちゃんだと思います。みんなに見守られて旅立てるよう、祈っています。
2017.06.30 12:52 | URL | #- [edit]
ようこママ says..."アスカ♡かわいい♡"
みゆきさんのお考え!賛成です!

笑ったアスカの表情が、とてもかわいいですね(o^^o)
りんごを放るアドちゃんも、お元気そうでなによりです。

このまま、穏やかに過ごして欲しいです。

2017.06.30 12:53 | URL | #5k584NNk [edit]
shiba_yama says...""
ロッちゃーん!
あーたんのことよろしくね!!
いっぱい優しくしてあげて。

すっごく美人だよ~
ツヤツヤしてる♪
いっぱい可愛がってもらっていらっしゃい^0^
また明日ね♪♪
2017.06.30 13:34 | URL | #- [edit]
ティベママ says...""
アスカちゃんの笑顔みてるとほんとうは何ともないのでは?と思ってしまいます。
ラッキーといえるようになるまで
辛い日々だったと思います。

ごはんもしっかり食べて、
朝夕散歩も行けてアスカちゃんは幸せね!

うさぎ・・ティベもサニアも大好きで、うさぎ小屋見つけたら離れなくなりました。
2017.06.30 15:03 | URL | #- [edit]
藍 says...""
miyukiさん、お久しぶりです。
再開まで、とってもいろいろなことがあって大変だったんですね。
アスカちゃんのこと、ホントに残念です…間違いであってくれたら…と思ってしまいます。
でも、アスカちゃんの笑顔が本当にいつもと変わらず穏やかで美人さんなことがうれしいです。
私も先代柴を乳がん(15歳で摘出手術~半年後に肺に転移)で亡くしていますが、最後は投薬や入院は避けて、穏やかなQOL重視のゆったりした生活を選びました。
まだ若いアスカちゃんの生命力を信じて、一日一日を大切になさってください。
遠く日本から、祈っています。
2017.06.30 17:21 | URL | #L24Fh0fs [edit]
あずき says...""
アスカたんの笑顔、本当に重度の病状とは信じられないです。
大好きな家族の側に居られて、いつもの生活を送れる。
何者にも代え難い幸せな時間ですよね。
そんな幸せな時間が、アスカたんの免疫力アップを後押ししてくれると信じています。

アスカたん、いっぱい、いっぱい応援してるよ。
あずのシャイなお友達さん達も、たくさん声援送ってらっしゃるので代わってお伝えしますね。
2017.06.30 17:47 | URL | #y5ou25a6 [edit]
はなちゃん says...""
Miyukiさん。
昨日奇跡なような?びっくりしたことがあったんです。普通に都内のカフェでお茶して休憩していたらなんととなりの女の人達がこのブログのことを話していました。そしてアスカちゃんの話も。私はうるうるしてしまって......遠く離れた場所でもこんなにいろんな人が思っているんだなと。私は明日実家に帰り10歳になった愛犬の柴男をいっぱい抱きしめます!!!
2017.06.30 17:59 | URL | #- [edit]
らんママ says...""
あ!ブログ再開してる!と、喜んだのもつかの間。
まさかのアスカちゃんの重病告白。
涙を堪えながら読みました。
ママさんアドさん、この数カ月、どんなにか不安で心配だったことでしょう。
突然の不幸に戸惑う思い、私もらんが急に立てなくなった時の事を思い出しました。
アスカちゃん、アスカちゃん、アスカちゃん。
なんで、アスカちゃんが。
2017.06.30 18:45 | URL | #- [edit]
ごま says...""
初めてメッセージ書きます。国際結婚をしてイタリアで柴を育てているので、勝手に親近感を持ち、miyukiさんのブログを毎日楽しみに拝見していました。ここしばらく更新がなかったので、心配していました。そして再開を喜んだのもつかの間、悲しいお知らせで、涙が出てしましました。
私は犬ではないのですが、家族が二人、脳腫瘍で亡くなりました。そんなこともあって激しく動揺してしまったのかもしれません。

アスカちゃんが残りの日々を穏やかに過ごせますように!
2017.06.30 21:11 | URL | #iMBi6aSc [edit]
ここあぶ says...""
あーたん大好き。
大好きだよ。
すっとまえから好きだったよ。
2017.07.01 02:29 | URL | #- [edit]
green apple says..."お久しぶりです"
Miyukiさん、こんにちは。お久しぶりです。今、再開された後のブログを読み終えました。
写真のアスカちゃんは、前と変わらず利発な笑顔で、大病にかかっているなんて信じられません・・・

奇跡が起きることを願わずにはいられませんが、私もPCの前からアスカ姐さんの生き様を見守りたいと思います。

Miyukiさん、アドさんもくれぐれもお体を大切にお過ごしくださいね。
2017.07.01 02:59 | URL | #- [edit]
アンモ says..."笑顔"
今日も 素敵な笑顔をありがとう
パパ、ママに元気をあげてるのかな?って思えてしまう。

動物は生きようとする力が強いから
アスカちゃんは 最後まで頑張ると思います。

パパ、ママの笑顔が大事です。
負けるなアシュカ~!
2017.07.01 04:08 | URL | #Z/PB7v5E [edit]
Pomママ says..."言葉がありません"
ミユキさん 私、ぽむちゃんと散歩しながら時々考えることがあるんです。このこが死んだら私はどうなるんだろうかって。もう11歳なんです。 
 以前飼っていたシロは息子の小学校2年生から大学の4年生まで、供働きの私たちの代わりに毎日「おかえりなさい」を言ってくれていました。そして息子の就職が決まり、はじめてその会社へ行く日の朝、それはニュージーランドの高校にいた娘が帰ってきて3日目の12月19日、朝クーンと鳴いて死にました。16歳でした。 「娘がもうすぐ帰ってくるから待っててね」と声をかけていたんですけど、本当に待っていたようです。息子の成長も見届けて安心したようです。
アスカちゃんは言葉では言えないけれども、必ずわかっているしメッセージを送っていると思います。最後までそのメッセージを聞き続けてあげてください。すごく幸せだったし愛してるって言ってると思います。
2017.07.05 00:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。