最期の3日間①ー発作の嵐

*お願い*

・アスカの病気は脳腫瘍です。最期は壮絶でした。
知りたくない方はここで読むのをやめて、ネロとパトラッシュのような最期だったと思って下さい。

・長いので3回に分けました。コメントは3回全部読んでから頂けたら嬉しいです。

・遺体の写真は載せません。




13日(水)
07:30 大1
20:30 大1

14日(木)
00:30 中1  
04:19 大1 暴れる
06:32 大1 暴れる
11:00 小1 頭を動かしたせい
11:30 昏睡状態
11:45 大(中?)1 
15:30 小1 頭を動かしたせい
16:30 中1
17:56 大1 自分で頭を動かそうとして
19:00 大1 息が一瞬止まる
20:17 大1
21:27 大1
22:15 大1
23:06 大1
23:45 大1 せん妄? 吠えるの止まらん。

15日(金)
00:10 大1 
1〜3 時 鳴く。小発作の連続?わかんない。
04:15 大1

発作の記録です。

こうなる前に安楽死を選んであげれば良かった。後悔しました。
2017年9月14日12時

ごめんね、アスカ。泣きながら謝りっぱなし。

次の発作で終わらせてやってくれって何度も願いました。
2017年9月20日2

もともと病気知らずで、比較的若いアスカは内臓が元気です。だから心臓も呼吸もすぐには止まりません。

この日まで穏やかに眠っていることが多かったから、眠ったまま逝けるんじゃないか。

そうじゃなかったら、

脳圧が高くなって脳幹に影響が出て一瞬で心臓か呼吸が止まる、って考えてました。

甘かった。私の判断ミス。

15日に日付が変わってから救急の獣医に行って安楽死させてもらうかずっと迷ってました。

動かしたら、多分死ぬ。

車の中で死ぬことになるかも。家で逝かせてあげたいのに。

出かける準備までして、でも結局行けませんでした。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

8 Comments

マイマイ says...""
頭では理屈では
安楽死を選んであげる決断。

私もみゆきさんの立場なら、きっと同じだったでしょう。

パトラッシュとネロ。
現実は綺麗ごとではないというのを
改めてわかりました。

みゆきさん、本当に辛いことを
あすかちゃんの最期をありがとうございます。

大変胸が心が痛いですが
全部読ませていただきます。
2017.09.20 12:50 | URL | #- [edit]
ミサワん says...""
知りたくない方はネロとパトラッシュのような最期だったと思ってくださいってちょっといくらなんでも読者に失礼な言い方では?。知りたくない方は読まないでね、でいいかと思います。時々読者を突き放すような言い方にショックを受けちゃいます。。

とはいえ、私もずーっと何年も読み続けていてずっと応援していたので、最期も見届けたく読ませていただきますね。
このブログを読んでるみんなは、アスカちゃんとセナちゃんとアドさん、そしてみゆきさんの味方で、ずーっとアスカちゃんの事遠くからお祈りしていたと思います。

アスカちゃん、虹の橋無事渡ってね。
ご冥福をお祈りします。
2017.09.20 13:16 | URL | #HfMzn2gY [edit]
says...""
パトラッシュとネロの最期。
私は温かい光に包まれ、天使に導かれた穏やかな死をイメージします。
でも、アスカちゃんはそうとは言えなかったのでは?
アスカちゃん最期の時を知りたくない人は、アスカちゃんが穏やかにその時を迎えたと思って欲しいという意味なのだと私は理解しました。
コメントは全て読んでから…ミユキさんごめんなさい。
2017.09.20 13:41 | URL | #- [edit]
マイマイ says...""
コメントは最後まで読んでから…
ごめんなさい、コメントしてしまいました。
感情に任せて、してしまいました。
読んで、吹っ飛んでしまってました!
本当に申し訳ありません!
2017.09.20 14:48 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.20 14:51 | | # [edit]
ちぃた says...""
どんなに苦しくても、どんなにつらくても。
miyukiさんたちのそばにいたいと思っていたからこそ、アスカちゃんはずーっと食べることをやめなかったんだと思いますよ。

動物だって、自分が生きるか死ぬか自覚してます。生きる意志のない子は、人間よりもあっさりと食べることをやめてしまうものですよ。

誰がなんと言おうと、アスカちゃんにとって、それが「幸せな最期」だったんだと思います。
自分が痛くても苦しくても、優しく姉御肌なアスカちゃんが選んだ精一杯の幸せの形がそれだったんだと思います。ネロとパトラッシュが選んだように。
それは誰にも口出しできないことです。

安楽死を選択肢なかったmiyukiさんと、食べることをやめなかったアスカちゃん。
そこが一致していたのは、miyukiさんの愛情が伝わってて、アスカちゃんと通じ合えていた、何よりの証拠だと思いますよ。
2017.09.20 15:26 | URL | #- [edit]
ルビのママ says...""
アスカちゃんの最期の記録、教えてくれてありがとうございます。

私も愛犬を看取った時を思い出します。。。

最期2日は辛そうで、ゆっくり眠れない状態でした。こんなことなら、安楽死させてあげればよかったと、私も随分後悔したのです。。。
でも、お友達は、どんな選択をしてもきっと後悔するものよ、と励ましてくれました。

勝手な想像ですが、アスカちゃん、きっと気丈に『ママ、大丈夫よ。最後までいさせてね』と思っていたと思います。こんなに大事にしてもらって、みゆきさんやアドさんやセナちゃんに囲まれて、ロッちゃんに恋もして、幸せだったと思います。

きっとどちらを選んでいても、後悔はしてしまうものだと思うんです。だから、ご自身を責めないでくださいね。
2017.09.20 15:49 | URL | #- [edit]
says...""
「パトラッシュとネロ」のくだり、「それだけ壮絶だったから心して読んでね」という意味だと思いました。あとあくまでmiyukiさんのアスカちゃんとの最期の時間を記録したものなので、読者を意識せず、ありのままに書いて頂いたもので良いと思います。
途中でのコメント、すみません。心してアスカちゃんの最期、受け止めさせていただきます。
2017.09.21 10:21 | URL | #If551XLg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。