最期の3日間③ー別れ

続き。

通らない鼻でなんとか呼吸をし続けて、3時間経過。

セカンドチャンス?

10時過ぎに訪問獣医さんに連絡→午後2時半にアポイント。

この時、最後の力を振り絞ってアスカが体を起こしてくれて呼吸が少し楽になりました。
2017年9月15日

鼻の穴を塞いでいた鼻血の塊もなんとか取れ、安楽死までの4時間穏やかに眠ってくれました。

2時40分獣医さんが家に到着。

最初に麻酔を打って完全に意識を失わせます。すでに昏睡状態だったから、あんまり意味なかったかも。

それから15分後に心臓が止まる強い麻酔薬を静脈注射。

直後に心拍停止。

こんな別れでした。

***
安楽死させたことに後悔はありません。

もう少し早く安楽死を選択していたら、苦しまなくてよかったのになっていう悔いはあります。

でもそれだけです。

家で死なせてあげられて良かった。

家族全員で送ってあげられて良かった。

苦しみから解放してあげられて良かった。

そう思ってます。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

118 Comments

じゅんこ says...""
miyukiさんの決断に敬意を表します。
2017.09.21 17:48 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.21 18:17 | | # [edit]
アリア says..."miyukiさん、ありがとうございます。"
ここまでアスカちゃんとの最後の時間について教えて頂いてありがとうございます。一番側で育てて見守っていらしたmiyukiさんの決断ですから、アスカちゃんもそれを受け入れていると思います。一緒に病と闘い見守ることもご苦労がおありだったと思いますし、最期を決断されることは本当に後になってからも辛さが残るほど、心労があったことと思います。
今はただただ、miyukiさんご一家が健康にこれからを過ごしていって頂くこと、アスカちゃんが安らかに眠りについてくれることを祈るだけです。
どうかご自愛くださいね。
2017.09.21 18:27 | URL | #If551XLg [edit]
ルン子 says...""
私はミユキさんのご判断はすべて正しかったと思います。発作が連発していたにも関わらず、なんとアスカちゃんが身を起こし、鼻呼吸が復活し、獣医さんがいらっしゃるまでの四時間、想い出がつまった部屋で、アスカちゃんが大好きな家族が揃い、穏やかに過ごすことができたのは奇跡的で、これはきっと、家族で支え合いアスカちゃんの命を守ってきたミユキさんファミリーへの神様からの答えだったのではないでしょうか。即ち、「これでいいのだ」と。ギリギリまで安楽死を選ばなかったから宣告された余命を遥かに超えて生きられたし、何より、最後の四時間はお薬なしでも苦しまなかったのだから、医学的には安楽死と記されても、本質的には、これはもう、安楽死を選んだのではなく、ミユキさんファミリーの力で命を守りきり、最期は自然な形で穏やかに旅立たせてあげられたと考えてもいいのではないでしょうか。余命宣告されてから何度も奇跡を起こし続けたアスカちゃん。ママ、パパ、可愛い妹セナちゃんのことが本当に大好きだから、少しでも長く一緒にいたかったんだよね。ママパパが勇気ある決断をしてくれたお陰で、お医者さんから言われたよりずっと長生きできたんだもの。「マミー、パパ、セナ、ありがとう!アスカ、みんなが大好きだからがんばったよ。すごいでしょ!」って誇らしげなアスカちゃんの顔が浮かびます。愛し愛され、本当に幸せな犬生でしたね。ミユキさん。私にとってミユキさんは犬と共生していく上で大切なことを教えて下さる師であり、同時に心の友です。勝手に友になっちゃってごめんなさい。とにかく心から尊敬しています。これからもブログを楽しみにしています。いままでと変わらずアスカちゃんの写真が沢山登場してくれたら嬉しいな。ミユキさんの絶妙な吹き出し付きで。私、ミユキさんがアスカ&セナに付ける吹き出しが大好きなんです。本当にそう言ってそうで。いや、言ってますね。マミーにはなんでもお見通し。だって我が子だもの。。長くなってごめんなさい。それではここで、改めまして、大声で叫ばせて頂きます。
「アーたん!大好きだよ!!」
2017.09.21 20:01 | URL | #pj1DWDpE [edit]
スナ母 says..."そっか"
ひとつ悔いがあるというのとやり遂げたというの二つ書いてあってうん?だったけどわかったよ。アドちゃん添い寝してるやん。ええやつやん。けんかしたらあかんえ。
2017.09.21 20:55 | URL | #- [edit]
Mirror Miroir says...""
セカンドチャンス、あってよかったですね。Miyukiさんが自分の予測が外れた事を悔やんでおられますが、アスカたん、食欲あって元気そうでしたもの。私など医者の誤診を疑ったぐらい。セナたんがアシュカの足に自分のあんよを重ねている横顔の写真が涙を誘います。
2017.09.21 21:01 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.21 21:29 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.21 21:37 | | # [edit]
そら母 says...""
ミユキさん、アスカさんを苦しみから解放してあげられて良かった。

2017.09.21 22:02 | URL | #- [edit]
きなにゃん says..."アスカ大好きだよー"
ブログ読ませていただきました
ありがとうございました

やっぱりアスカさんは強い娘ですね
最後にもう一度自力で体を起こしたり
鼻呼吸を回復させたり

きっと大好きなまっまのにおい
セナのにおい
アドさんのにおい
大好きなお家のにおいを嗅ぎたかったんでしょうね

強い娘で良かった

どんな言葉がいいか色々考えたけど…
やっぱり出てきた言葉は「お疲れ様」でした
miyukiさん…お疲れ様でした
アドさん…お疲れ様でした
セナ…お疲れ様でした
そしてアスカ…楽になったかな?お疲れ様でした

家も車も広く感じる訳ですね
こんなにもでっかい存在だったんですものあ~たんは

セナたんこれからはセナたんがあ~たんの分イヤそれ以上にまっまを愛して、まっまに愛されて
あ~たんのいない寂しさを感じさせる暇を与えないようにしてあげてね

アスカのご冥福と共にmiyukiさんご一家の幸せを心から願っております

余裕が出来たらセナの愛らしい様子のブログをまたUPしてくださいね楽しみに待ってます


アスカへ
まっま達のアスカを思う気持ちと声はちゃーんと届いていたよね~
キーラのいる虹の国へ迷わず行けるかな?
もう頭痛くないでしょ?
お腹空かないのはちょっとつまんないかもしれないけど、
でもいっぱい走っても疲れないでしょ
いつかは必ずみんなアスカの元に行きます
それまでキーラと共に待っててね
あ、でもまたまっまのところに帰ってきたいなら
さっさと生まれ変わっておいでね

2017.09.21 22:32 | URL | #pcmMZr1E [edit]
じょでぃ says...""
Miyukiさん、お疲れ様でした。
本当にアスカちゃんのこと愛していないとできない決断だったと思います。

うちの母も、先代の柴を誰より可愛がっていたけど「例の薬、持ってきてもらおうと思う」と決断したのも母でした。
うちの犬は乳がんで、末期はお腹までガンが突き出してきていて、動くと足がもげそうになっていたし、苦しんでのたうち回っていました。
予後が非常に悪かったです。


母はあの時誰よりも泣いて「苦しませてしまった、ごめん」と何度も言っていました。

安楽死に後悔しているのかと今まで思っていたけど、今回の記事を読み、もしかしてあの時、Miyukiさんと同じような気持ちだったかなと思いました。

アーたん、呼吸もできず苦しかったけれど、最期だけでも家族とともに過ごせて良かった。
なかなか看取ることってできないですよね。私は先日亡くなった文鳥が初めて看取った子です。

最期までみんなに見守られて、アーたん幸せだったと思います。
2017.09.21 22:35 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.21 23:03 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.21 23:28 | | # [edit]
かのん says..."皆で…"
この内容を書くにあたり誹謗抽象もあるでしょうに、アスカちゃんの生きた記録として立派に書き綴り尊敬です!
なにも考えずに安楽死を選んだわけではない…
きっとたくさんの葛藤と家族会議。
アスカちゃんは幸せですね。

死は綺麗事じゃないんですよね。
ありがとうございました。
2017.09.21 23:42 | URL | #- [edit]
コタロウ母 says...""
miyukiさん、ありがとうございます。
読ませてもらって区切りがつきました。
そして、とっても勉強になります。

大切な大切な愛する娘ですもの
どんなに頑張って努力しても
後悔はつきものなんだろうと思っています。
特にキーラちゃんの時の事もあったし、
命の判断なんて簡単にはできませんもの…。

アーたんは戦って虹の橋へ昇った。
愛に包まれて見守られながら。
アーたんも幸せな子だけど
こんな素晴らしい娘ちゃんがいて
miyukiさんアドさんもお幸せですね。

ほんとに大好きだから
なかなか認めたくなくて
ブログの読み返しもまだできなくて。
miyukiさん達ご家族と比べるべくもない
ただの1ファンの癖に、往生際が悪くて(汗

やっとここで言えます。
アーたんのご冥福を心よりお祈りしています。
2017.09.21 23:43 | URL | #AYRMQa7Y [edit]
ぽん says...""
こんなに発作が多かったなんて想像できませんでした。胸が締め付けられました。
最後のご決断が遅れたと悔やまないでください。判断が難しいことです。あーたんの最後を教えてくださってありがとうございました。
あーたん、安らかに。大好きだよ。
2017.09.22 00:01 | URL | #- [edit]
nicomoja says...""
発作で苦しみながら逝ったら、ママが絶対後悔する。
そう思ったアスカちゃんが作ってくれた、
セカンドチャンスだったのかなと感じます。

アスカちゃんの強さと優しさを尊敬します。

私は3頭の犬と暮らしています。
いつか必ず来る別れの時。
miyukiさんがアスカちゃんとの別れを書いてくださった事で、
とても勉強になりました。
私も後悔のない判断ができる様にしたいです。

アスカちゃん、
苦しみから解放されて良かったよね。
もう苦しくないから走り回れるよね。

ママ、パパ、セナちゃんと過ごした最後の15分間。
アスカちゃんはきっと穏やかな気持ちだったんだろうな。
アスカちゃん、本当に生まれてきてくれてありがとう!!!
いつまでも大好きだからね!!!!!
2017.09.22 00:13 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 00:14 | | # [edit]
kokoko says..."ありがとう"
miyukiさん、お辛いでしょうに
詳細にわたり
色々教えてくださってありがとうございました。

腎臓を患い、医師に3ヶ月と言われながら
1年頑張ってくれた愛犬を
思い出しました。
痙攣発作が起こる中、
少しでもそばにいて欲しい思いと
早く楽になって欲しい思いとが
常に葛藤していた日々でした。

そんな中、きちんとアスカちゃんの為に
全てを引き受けて決断されたmiyukiさんに
敬意を表します。

miyukiさんのお陰で何時も心に引っかかっている
何かが軽くなったような気がします。
これからは、なるべく我が子と過ごした
数えきれない楽しかった事
ご機嫌な笑顔を思い出すように
しますね。

本当にありがとうございました。
2017.09.22 00:17 | URL | #TNMEEIK6 [edit]
nicomoja says...""
ごめんなさい、お薬を使ってからの時間読み間違えました。
15分もなかったんですね。
でも、アスカちゃんが苦しくない穏やかな瞬間だったのには変わりませんよね。
miyukiさんの判断は正しかった。

二度もコメントすみません。
2017.09.22 00:21 | URL | #- [edit]
NOAH says...""
①を読んで、miyukiさんが1つだけ後悔してることと言うのは
アスカちゃんを安楽死させたことかと思ってました
②を読んで、アスカちゃんは安楽死では無くて
苦しみながら亡くなったのか…と思って辛かったです
そして今日読んでわかりました
本当に大変でしたね
私も大昔の話ですが、実家の犬を安楽死という形で見送りました
未だに思い出すと辛いです。でも家族で送れて良かったんですね
先代犬は病院で、夜、誰にも看取られずに逝かせてしまいました
最期はかなり辛かったようです
丸6年経った今でも後悔ばかりです

アスカちゃん、最近は苦しかったことも多かっただろうけど
最期はお家で、大好きな家族に見守られながら
旅立てて良かったね
miyukiさん
ぎりぎりまでその判断をしなかったことは決して間違ってないと思います
アスカちゃん頑張ってましたもん
本当にお疲れ様でした
心も身体もゆっくり休めてくださいね
2017.09.22 00:31 | URL | #VEIOABK. [edit]
とこのすけ says...""
出勤前なのに涙が…。
アスカちゃん、大好きなみんなに見守られ、大好きな家で最期をすごせて良かってんだと思いますよ、あまり自分で責めないでください。
今頃、お花畑で元気に走り回ってますよ、アスカちゃんならお花畑だと物足りないかな…。
2017.09.22 00:34 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 00:34 | | # [edit]
Naomi says...""
アーたん本当に良い子。
ママが安楽死で悔いがのこらないように苦しい姿をみせて、その判断ができたら静かにその時を待って。

そんな姿を見せてくれてありがとう
2017.09.22 00:38 | URL | #- [edit]
しろくま says...""
miyukiさん、つらいときなのに詳しい経緯を教えてくださって
ありがとうございます。
これまでの葛藤や苦悩、後悔がすべてきれいに消えることは
ないと思います。
でも、アスカちゃんはまっまの決断を何一つ責めていないし、
間違いだとも思っていませんよ。きっと。
だって、誰よりも自分に愛情を注いでくれたのは、他ならぬ
miyukiさんだってことをアスカちゃんは知ってますから。
絶対、「次もまっまの子になるから」って言ってますよ。
いつかまた、アスカちゃんに巡り会えることを祈っています☆
2017.09.22 00:54 | URL | #rydWIdXE [edit]
ゆき says...""
アスカちゃん辛かったね 苦しかったね
でも今は辛くないよね 苦しくないよね

最期の最期までよく頑張ったね
まっまー、ぱっぱ、セナちゃんに見守られて
本当に幸せだったね

天国では楽しく過ごしてるよね
まっまーの夢にまた会いに来てね

miyukiさん教えてくださって本当にありがとうございます
アスカちゃんがこんなに苦しんでいたなんて
想像すらできませんでした
私だったらどうするだろうか…わかりません
最期はどんな選択をしても、ああすれば良かった、こうすれば良かったと後悔してしまうと思います
miyukiさん、本当にお辛かったと思います

アスカちゃんはmiyukiさんファミリーと共に
子犬の時から今まで過ごす事ができて
とても幸せだったと思います

アスカちゃんがこの世にいないのは悲しいけど
セナちゃんの成長をこれからも見守らせてください
そして時々アスカちゃんの思い出も語ってください

後悔がひとつ、だけどやりきった
ようやくこの言葉の意味が理解できました

アスカちゃんの最期の最期がわかって私は良かったです
絶対に忘れません 忘れられるわけありません
そして想像の中からではなく 心から言えます

アスカちゃんお疲れ様でした
ご冥福をお祈りします

アスカちゃん大好きだよ

2017.09.22 00:58 | URL | #- [edit]
ガチャピン says...""
miyukiさん、お辛い中こんなにたくさん報告していただいてありがとうございます。
壮絶だったのですね…

死と向き合うのは、ある程度は時が解決してくれるところもありますが、突然昨日の様に思い出したり…色々あるとおもいますが…無邪気なセナたんが癒してくれると思いますので、ゆっくりとして下さいね…
2017.09.22 01:19 | URL | #- [edit]
green apple says...""
最期の記事、全て読ませていただきました。

書いては消し、書いては消し・・・。うまく言葉が見つかりません。

アスカちゃんも、Miyukiさんも、アドさんも、セナちゃんも、皆頑張ったね。
本当にお疲れさまでした。

これからも、Miyukiさんファミリーの大ファンです!
2017.09.22 01:20 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 01:50 | | # [edit]
チョビママ says...""
辛かったですね…看病していたみゆきさんもアドさんもセナちゃんも…アスカちゃんは、多分 辛くても 最後の最後まで 大好きな家族と家で過ごせた事 幸せだと感じて旅立っていかれたと思います。
安楽死をさせてほしい時期なんて 本人以外わかりません。
ワンちゃんだって人だって 最後の最後まで家族と一緒に家で過ごしたい!でも、最後を迎える頃になると体が辛くて 家族に迷惑をかけたくなくて 早く楽になりたいと人は病院へ、動物は飼い主から気がつかない場所へと向かうそうです。
義父がそうでした。
チョビが病気になったら 死んでしまったら…って7歳を過ぎた頃から 頭の片隅で考えています。
家族だからこそ 最後まで側で過ごしたい!と飼い主なら誰もが思うでしょう。
みゆきさんは、早い段階で安楽死をさせてあげればよかった…って思っていますが アスカちゃんは、最後まで家族の側にいられて幸せだったと思っているはずです。
そして、あの段階で安楽死させたみゆきさんの判断は 正しくてなかなかできないものです。
長い間の看病 お疲れ様でした。
アスカちゃんは、いつだってお空からみゆきさんと家族を笑顔で見守っていますよ。

2017.09.22 02:01 | URL | #- [edit]
チェリーママ says...""
アスカちゃんの最後の頑張り。。
想像を超える闘いだったのですね。
見守るミユキさん、セナちゃん、アドさんも本当にお疲れ様でした。

今、アスカちゃんは痛みや辛さから解放されて、ノビノビと走り回っていますね。

ミユキさん、セナちゃん、アドさんもどっとお疲れが出る頃だと思います。
ゆっくり休んでくださいね。

2017.09.22 02:11 | URL | #mQop/nM. [edit]
しゅうか says..."ありがとうございました"
初めてコメントさせて頂きます。
最期の状況をリアルに伝えてくださり感謝いたします。
我が家にも柴がいて、苦しむなら安楽死を選択しようと漠然と考えておりました。でも、タイミングとか難しいのですね。
穏やかに眠っている我が子を見て今がそのタイミングとは思える訳もなく、苦しくなってからでは移動も大変ですね。考えさせられました。
犬の死は避けられないものですものね。
少しでも楽しく時を過ごせたらと思っています。まさに、アスカちゃんのように。
ありがとうございました。

2017.09.22 02:16 | URL | #- [edit]
じょんじぃ~ says..."みゆきさんへ"
ほんとうにお疲れさまでした。
つらかったでしょう。

アスカちゃんのご冥福を心からお祈りします。
と共に
お二人とセナちゃんの平穏な幸せをお祈りしています。
2017.09.22 02:17 | URL | #tESHCPrE [edit]
ぽてちん says...""
今年4月の終わりに最愛の子が天国に旅立ちました。
ほぼ1年弱の介護がありましたが、時間が経つほど、
つらいことは忘れ、良い思いでばかり残ります。
思い出しては涙するばかりですが、
愛情を受けた子は飼い主さんが亡くなるまで、
天国に行かず待っていてくれると言う言葉を聞いた時
また会えるんや~と待ってくれてると思うと
寂しさが半減しました。

あすかちゃんにまた会えますね!!
2017.09.22 02:20 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 02:25 | | # [edit]
さくら母 says...""
あすかちゃんの家族は、みゆきさんとアドさん、セナちゃんです。
お二人の選択に間違いはありません。
あすかちゃんは、幸せな犬生を送れました。
セナちゃん、二人をよろしくね。
あすかちゃん、お空から見守っていてね!
2017.09.22 02:31 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 02:34 | | # [edit]
says...""
miyukiさん アスカちゃんの最期、読ませていただきました。辛い中書いてくださってありがとうございます。私事ですが、父が亡くなった時最期はとても父の顔ではない形相だったのが、息を引き取るとみるみる穏やかないつもの父の顔に戻りました。ああ父はまさに今苦しみから解放されたのだ、と思いました。天国では楽しいことばかり、だそうです。
miyukiさんアドさんセナちゃん、これから寒くなりますよね。ご自愛くださいね。
2017.09.22 02:36 | URL | #- [edit]
shiba_yama says...""
miyukiさんの最後の言葉にすべてが込められていますね。
アスカちゃん・・・miyukiさんがママで良かったね。
こんなに愛してもらって幸せだね。

アスカちゃんは唯一無二の子。
もしかしたら元気になるかも・・・でも、やっぱりもうダメかな・・・
そんな気持ちが行ったり来たりしながら、
心のどこかで納得していく・・・
どの瞬間で安楽死が頭を過ぎるか・・・
そんなものに正解はないと思います。
(前にも書いたかもしれませんが)
私自身も先代犬を亡くした時、家族で深く後悔しました。
なんでもっと自然に逝かせてあげられなかったのか・・・
何日も家族で交代でずっとそばにいたのに。
最後の瞬間はかかりつけの先生のところで
明け方先生がうとうとしている横で息を引き取りました。
でも、私たち家族はそれしかできなかった。
わからなかった。
私、ここでmiyukiさんが"安楽死"という言葉を
最初に書かれたときドキッとしました。
それまでその言葉は、私とははるか遠いところでのものだと思っていましたから。

ゴメンね。
こんな言葉しか残せなくて。
涙流すことしかできなくて。
アスカちゃんのこともmiyukiさんのことも、
アドちゃんのこともセナちゃんのことも
家族のように大好きだよ!!
2017.09.22 02:40 | URL | #- [edit]
ゆきんこ says...""
アスカちゃんは今頃空からmiyukiさんを、アドさんを、そしてセナたんを笑顔で見守っていると思います。

人も犬も、最期の別れに後悔が全くないなんて事はありえないのだから。
その時、その時の看病が、そして最期の決断が、どれだけ尊いかは誰にも測ることはできないと思います。
アスカちゃんが愛に包まれて旅立った事が全てだと思っています。

人としてmiyukiさんを尊敬します。
2017.09.22 02:44 | URL | #- [edit]
みんみん says...""
おうちで家族全員で見送ることが出来て良かったです。
私も恐怖でしかない病院でうちの子に最期を迎えさせたくはありません。ただ、日本では訪問で安楽死の処置をしてくれるのか分からないのですがダメなのかな…。

アスカちゃん、本当に頑張ったね。
ご冥福をお祈りいたします。
Miyukiさん、アドさん、セナちゃんこれからの柴ライフ穏やかに幸せに過ごせますように。
2017.09.22 02:45 | URL | #- [edit]
shirokumataro says...""
全て教えてくださってありがとうございます。

私も先代犬を安楽死させました。同じく後悔はありません。
麻酔の力を借りてですが、最後にぐっすり眠らせてあげることができて良かったと。
もう4年も前のことですが、最近ようやくそう思えるようになりました。

今、日々の生活やセナちゃんとの時間を過ごす中でアスカちゃんに対する想いが溢れていると思います。ゆっくりゆっくり強がらず、その想いを大切に過ごして下さい。なので、元気出してとは言いません。

アスカちゃん、miyukiさんのとこに来て本当に幸せでしたね。
2017.09.22 02:51 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 03:22 | | # [edit]
yuuta says...""
安楽死って難しい問題ですよね。

本当に安楽なのかわかりません。推測するだけですもんね。
動物は苦しくても最後の一秒まで生きたいと本能で願うのか、
それとも苦しみから逃れたいのか。。

それでも、最後は病院ではなく、愛する人達の存在を
傍に感じられていたら幸せなのかもしれません。
そう願うだけです。

人生という時間の中で、天使のような存在と一緒に
時間を共有できたことって、奇跡みたいなことですよね。

ブログに最後の様子をのせてくださってありがとうございました。
セナちゃんが、悲しみをいやしてくれますように。


2017.09.22 03:25 | URL | #- [edit]
ハチのママ says..."家族"
言葉がみつからないです…
ただ、あすかちゃんをみゆきさん、アドさん、セナたんのみんなで見守り応援してる姿に深い愛情を感じました。素晴らしい家族ですね❗️我が家もそんな家族の形を築いて行きたいと思いました。
ありがとうございます😊
2017.09.22 03:44 | URL | #- [edit]
ちい says..."ありがとうございます。"
コメントするのは、初めてですが。
いつも楽しくblogを拝見していました。
柴犬が大好きで、いつか飼いたいなと思い。柴犬との生活に憧れていました。でも、今回アスカちゃんが病気になったこと、そして一緒に戦う家族のありかた、最期に大好きなアスカちゃんとお別れの決断をしなければならなかったミユキさんの覚悟。犬を飼うことは、家族になる覚悟が必要なんだと教えて頂きました。私もいつか家族を迎える覚悟ができたら、そのときは、ミユキさんのように愛情深く一緒に過ごしていけたらなと思いました。今回blogを書くことはミユキさんにとって辛く悲しい作業でもあったと思います。そんななか伝えてくれてありがとうございました。

そしてこれからもblogたのしみにしています。
2017.09.22 04:16 | URL | #/EMHffh6 [edit]
おうみ舟 says...""
アスカちゃんに苦しい思いをさせてしまったことが「ひとつだけの後悔」だったのですね。
私も子どもの頃飼っていた先代犬を苦しませてしまいました。
幸せそうにしていた時間を思い出したり、先代犬にできなかった分まで今の愛犬を愛そうと誓ったり、いろいろな形で自分の心を楽にしようとしたけれど
「先代犬を苦しませてしまった」この事実が変わることはなくて
20年近く経った今でも、ふとした時に後悔で胸が詰まります。
幸せな時間があった。
苦しい思いをさせた。
どちらも事実だから、思い出して暖かい気持ちになるのも、後悔に身を切られるのも、どちらも正しいんだと思います。
miyukiさんの後悔も、こう言ってはなんですが、きっとこの先ずっと消えないのではないかと思います。
そんな時はどうか、心のままに…。

アスカちゃん、最後に苦しい思いをしたね。
でも8年間、とてもとても幸せだったね。
ちょっとずつ、昔の記事を最初から見返して、また会いたいな。
miyukiさん、お疲れ様でした。
改めて、アスカちゃんのご冥福をお祈りします。
2017.09.22 04:36 | URL | #Ic6HKKf2 [edit]
ミサワん says...""
あーたん、安らかに。
おうちでみんなに見守られながらバイバイできたね。
お疲れ様でした。
お空の上で、元気に走ってみんなを見守ってね。
2017.09.22 04:45 | URL | #HfMzn2gY [edit]
マロンママ says...""
アスカちゃん、ミユキさん、アドちゃん、セナちゃん、
みんな頑張りましたね。

ミユキさんが思ったおくりかたをしてあげれたのなら、良かったです。

涙も出ないと、書いてましたが、今は、苦しみから解放させてあげた、という思いが強いでしょうから、ホッとしてるんだろうなーって思います。

時間が流れて、ふとしたときに、泣きたくなったら、たくさん泣いてください。
そして、また、ブログに、つづってください。

違うかもしれないけど、ミユキさんも、みなさんに伝えて、共有してもらうことで、心のつらさを緩和させれると思うので、どんどん書いてくださいね。

アスカちゃんが、居なくなった、辛い思いをしたのは、すごく悲しいけど、ミユキさんが、ホッとできて、良かったなって思います。

寝れてますか?
ゆっくりしてくださいね。
、、、あたしも、身内の介護や、看取りをしたので、気持ちがわかるような気がします、、、
2017.09.22 04:48 | URL | #- [edit]
ふくこ says...""
安楽死のタイミングつて難しいと思います
安心できる自宅でみんなに看取られ、苦痛から解放されて良かったと思います
写真からも家族の思いが伝わります
あすかちゃん今頃🌈の向こうで走ってるでしょうね
2017.09.22 05:02 | URL | #- [edit]
メルロコの母 says..."ありがとう。"
安楽死って人間に愛された犬だけが得られる特権なんだと思いました。それをアスカちゃんが私に教えてくれました。わが子も苦しまずに見送ってあげたい。
2017.09.22 05:24 | URL | #- [edit]
ハルコ says...""
アスカちゃんの事、応援していました。
最高の選択、最高のタイミングだと思います。
早くても、遅くても、後悔したと思います。
沢山愛したから、アスカちゃんが最高のタイミングを教えてくれたのだと思います。
私も見送る時にこう在りたいです。
心から、アスカちゃんの冥福をお祈りします。
2017.09.22 05:39 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 06:22 | | # [edit]
たれみみ says..."安らかに"
miyukiさん、アドちゃんもセナちゃんも最期まで側でお見送りお疲れさまでした。
アスカちゃんもお家で家族と一緒にいられて、安心できたと思います。

飼っていたうさぎが今年1月に突然逝ってしまい、今でも後悔ばかりです。
何が正解だったかわかりませんが、miyukiさんの選択は絶対に間違っていなかったと思います。

なんと書いていいか整理できず、コメント遅くなってしまいました。
アスカちゃんのご冥福をお祈りしています。
これからもセナちゃんの元気な姿、楽しみにしています。


2017.09.22 06:39 | URL | #- [edit]
ちゃこ says...""
みゆきさん、お辛かったですね。
あすかちゃんは幸せですね。こんなに愛されていたんですもの。
これからもせなちゃんをいっぱい愛してくださいね。
あすかちゃん、いなくなっちゃったけど、居ますよ。
ママの元気な姿、きっと待ってると思いますよ。
せなちゃん、元気ですか?アドさん、相変わらずかな?
みゆきさんの元気、待ってる家族が居るって、ステキですね。

これからも応援しています。
あすかちゃんの事、忘れません。
2017.09.22 06:41 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 06:43 | | # [edit]
イチ子ママ says..."思い出いっぱい"
blogずっと読んできました。

読んできたからこそ
みゆきさん、アドさん、あーたん、セナちゃん
たくさんの素敵な思い出
たくさん私も知っています。
ご家族は
それ以上のたくさんの思い出ありますね✨

悲しい気持ちばかり
ありましたが
最期のブログ全部拝見して
壮絶な苦しみ伝わりました。
苦しみからの解放
ただ、ただ、
良かったという気持ちに私も変化しました。

安らかに、あーたん。

みゆきさんのblog大好きです。
ありがとう✨
2017.09.22 07:10 | URL | #- [edit]
柴犬ごま母 says..."miyukiさん、ありがとうございます。"
他のかたも書いていらっしゃいますが、全ての判断が正しく最善だったと思います。

どれだけmiyukiさんがアスカちゃんを大事に育てられたか、どれだけ愛していたか、このブログを読んでいる誰もが分かり過ぎる程分かっております。
その大きな愛がこうして多くの読者を繋いでいってくれたことも。

一番怖れていたアスカちゃんの死をも越える深い愛情で決断されたこと、
アスカちゃんはmiyukiさんご家族の愛に包まれて本当に幸せな一生を送ったこと、
やはり涙は溢れてしまうのですが納得できるのです。

miyukiさん、ありがとうございました。
2017.09.22 07:34 | URL | #- [edit]
あいママ says..."ありがとう大好き"
しっかりじっくり読ませて頂きました。私も「読み」めっちゃ甘かったです(T^T)
最後に一気に壮絶な発作の嵐に見舞われるなんて、思いもしなかった。
セカンドチャンス。家族皆に囲まれて往けた事、よかったです。

あーたん、ありがとう大好き。
せなたん、miyukiさん、アドさん、ありがとう大好き。
2017.09.22 07:58 | URL | #- [edit]
ようこママ says..."アスカ♡おつかれさま♡"
発作の回数を見ても、壮絶な最期でしたね…

昏睡状態の時に、そのまま安楽死…

どうしても、仕方のないことは、いっぱいありますから…

まして命に関わることは、苦渋の決断…

アスカの身体が丈夫なことも、よくわかりました。
良いエサと、充分な散歩で鍛えた肉体は、簡単には死なない!

脳腫瘍にだって、なかなか負けない!

これは、miyukiさんとアドちゃんの賜物です!

おつかれさま♡アスカ♡
セナにアスカの分まで長生きしてもらいましょうね。
2017.09.22 08:14 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 08:19 | | # [edit]
ジュララ says...""
miyukiさん blog更新お疲れ様でした。
疲れがでてきていませんか?

miyukiさんは 最愛の我が子を最期まで必死に見守り 見届け 見送った・・・
言葉にするほど 簡単な事ではないと思います。
アスカちゃん 皆がいて良かったねって本当に思いました。
真剣に悩んで 苦しんで 悲しんできたmiyukiさんを見てきたから みんな応援してると思います。

私はずっとずっと アスカちゃんの事忘れないし 今まで通り 空を見上げてmiyukiさん アドさん アスカちゃん セナちゃんに 元気玉をおくりますね。

これからも群れのリーダーとして まだまだ miyukiさんを必要としているfamilyを引っ張っていって下さいね。
応援しています。
2017.09.22 08:52 | URL | #- [edit]
momokurara says...""
あすかちゃん、最後までmiyukiさんのそばにいられて、撫でてもらえて嬉しかったね。
どれだけ苦しかったか、miyukiさんの文面から痛いほど伝わってきました。
あすかちゃん、本当によく頑張ったね。
それを真剣な表情で見つめて寄り添うセナちゃん。
犬と犬の絆、人間と犬の絆。
あすかちゃん、セナちゃんに「miyukiさんをよろしくね」って言ってるのかな・・
miyukiさんの、判断は常に正しかったと思います。
2017.09.22 08:55 | URL | #- [edit]
うめはは says...""
miyukiさん。
つらい時なのに、ブログにアップしていただきありがとうございます。
どんな選択、家族を、あーたんを思えばこその選択をしても、きっと後悔になると思います。
でもあーたんは最後におうちにいられたこと、つらかったかもしれないけど、最後のひと踏ん張りで
体を起こし、家族の体温、家族のにおい、おうちのにおいを感じながら、虹の橋を渡れたこと、
とてもうれしかったと思います。
あーたん、とってもとってもがんばったね。
とっても苦しかったけど、アドちゃんやセナちゃんがそばにいてくれて
ママがそばにいて呼吸を助けてくれて、だから頑張れたんだよね。
あーたんとっても強くてかっこよかったよ。
セナたん。じっと見守るそのまなざし、傍で寄り添う姿、人とか犬とか関係なく、胸がぎゅっとなったよ。
あーたんと同じくらい、とてもかっこよかったです。私がセナちゃんの立場だったら、あんなふうに寄り添うことできるかなって。考えさせられちゃった。
あーたんは幸せものだね。
miyukiさんもアドちゃんもセナちゃんも、お疲れ様でしたと、ありがとうございました、という気持ちでいっぱいです。
そして、あーたん。お疲れ様でした、虹の橋の上でも元気に駆け回ってね。本当にありがとうございました。

2017.09.22 09:05 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 09:09 | | # [edit]
メイ&ジロー母さん says..."ありがとう"
miyukiさん
はじめてコメントさせて頂きます。
トイプードルのメイと柴犬のジローの母さんです。
ジローはもともと主人が義父に買い与えた犬だったのですが、義父の入院をきっかけにわが家へ迎い入れました。その時からmiyukiさんのブログを見て、それぞれの犬の性格がよくわかり、ドイツでのペットの受け入れられ方などとても楽しく拝見させていただきました。
ブログを休んでみえたときは寂しく、早く再開されないかと思っていました。再開されたときはとっても嬉しかったのですが、アスカちゃんの病気の事を知り喜びどころか悲しくなってしまいました。

miyukiさん、アスカちゃんの最後の時間を教えてくださりありがとうございます。
愛犬を持つ以上、いつかは迎えるだろうその日。考えるだけで辛くなります。私は、miyukiさんの様に送ってあげるあげることが出来るだろうか…

miyukiさん、アドちゃん、セナちゃんに囲まれ、最後までわが家で過ごすことができてアスカちゃんは幸せだったと思います。
きっと虹の橋の麓で、miyukiさんが来るのを待っててくれると思います。

ホンとにありがとうございます。
2017.09.22 09:11 | URL | #- [edit]
ころ says..."辛かったとしても"
最後まで読ませていただきました。光景が目に浮かんでとても苦しかったです。

私が前に飼っていた柴犬は見つかった時には末期がんで全身に転移していました。
最後の2週間くらいはまともに食べることができず、下血を繰り返していました。
もっと早く・・・という思いは今になって出てきて後悔しています。
でも、あの時は一日でも多く生きてほしくて「安楽死」という決断ができなかった。

だから、miyukiさんの「もっと早く安楽死を選んであげれば」という言葉は本当に心に刺さりました。
でもその時はとても必死で、決断できない気持ちもすごくわかります。

最期の辛い数日間、アスカは家族に囲まれて過ごせて、本当に幸せだったと思います。
確かに辛くて、呼吸も不自由で苦しかったかもしれないけれど、最期まで寄り添ってくれた家族にアスカは絶対に「ありがとう」と思ってますよ。うれしかったと思います。
当事者の家族はそう中々思えないと思いますが(私は自分の犬が死んだときには後悔しかなく、とても「幸せだった」とは思えませんでした)、このブログを読んでいて、本当にそう感じます。
家で最期を迎えたこと、家族に見守られての最期、今や人間でも叶うことが難しくなっている最期の姿です。そんな理想な最期を迎えて、アスカは本当に幸せ者だったと思います。

miyukiさん、アドちゃん、セナ、看病本当にお疲れ様でした。

2017.09.22 09:56 | URL | #- [edit]
黒柴こたろう母 says...""
アスカちゃん、本当に頑張ったね!
アスカちゃんの笑顔忘れないよ!
2017.09.22 09:58 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 10:56 | | # [edit]
なみなみ says...""
ミユキさん、ありがとうございます。
壮絶な最後だったんですね。
言葉にできません。涙
アスカちゃんいってしまって1週間経ちましたね。寂しいですね
2017.09.22 11:05 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 11:36 | | # [edit]
アンモ says...""
アシュカは、深い愛情の中で旅立ったんですね。良かった。
決められた寿命を精一杯生き抜いたアシュカを忘れないよ。

ありがとう アシュカ
2017.09.22 11:48 | URL | #Z/PB7v5E [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 11:54 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 12:30 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 12:36 | | # [edit]
蜜柑 says...""
慣れ親しんだ家で、愛するご家族に囲まれて旅立つことができたのなら…それが1番だと思います。
アスカちゃん…私が今、ウチのワンコを迎える事が出来たのはアスカちゃんはじめミユキさんご家族の様子をブログで拝見していたからです。我が家も子供無し夫婦で、ミユキさんご家族が羨ましくて憧れて。
これまでもミユキさんのブログを通して色んなことを考えさせられたりしてきましたが、アスカちゃんとのお別れの様子を知る事ができ、改めて責任を持って愛する家族に向き合う大切さを痛感しました。
ありがとうございました。
アスカちゃんのご冥福をお祈り致します。
2017.09.22 12:48 | URL | #- [edit]
あちゃ says...""
ずっと前から、いつも躍動感のある写真を見るのが楽しみでした。
6月以降は、あーたんの最後の日々を遠くから見守らせていただきました。
MIYUKIさん、家族の記録を見せてくれてありがとう。
2017.09.22 13:09 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 13:35 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 13:43 | | # [edit]
神戸のみんみん says...""
まっまーの判断は全部正しいよ、何故ならその時々のあーたんをしっかり見つめて、精一杯愛したまっまーの判断だから。
あーたんもまっまーの愛にこたえてよく頑張った!

こんなときになんですが。。。miyukiさんのブログ大好きです。
2017.09.22 13:59 | URL | #- [edit]
ムギ says...""
miyukiさん、お疲れさまでした。
どんな過程で、どんな結果になったとしても、きっと後悔がつきまといます。
だけど、きっと、最後までアスカはmiyukiさんや家族のことを愛していたと思います。
日本的に言えば、アスカの魂はmiyukiさんたちの周りにいるはず。
miyukiさん、看病お疲れ様でした。
お身体を大事にしてください。
2017.09.22 14:15 | URL | #- [edit]
凛mariko says...""
最期の瞬間まで教えていただきありがとうございました。
アスカちゃん 本当に頑張りましたね。自力で体を動かしたなんて…きっと最期がちかいとわかったのかもしれませんね。最期のときを大好きな家族のみんなの声を聞いて過ごすことができて幸せだったと思います。
あらためて アスカちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
アーたん たまには 日本の空にも駆けてきてね。待ってるからね。

2017.09.22 14:41 | URL | #- [edit]
りり says...""
ミユキさん

最後の三日間のこと教えてくださってありがとうございます。
ひとつだけ悔いが残るという意味もわかりました。
あんなに苦しいのであれば、苦しみから逃れさせてあげたいと思うのは、当然の気持ちです。
でも、急に事故や病気で逝かれてしまうのではなく、ミユキさんやアドさんの気持ちが落ち着くまでの時間があって家族で過ごせて、そのことはとてもよかったです。
私好みのワンコ、それがアスカちゃんでした。
アスカちゃんだからミユキさんのブログと出会えたようなものです。
アスカちゃん、ありがとう。
ごはんが大好きでしたよね。
これからも笑顔のアスカちゃん、大切に憶えています。
ミユキさんも、いつもありがとうございます。
2017.09.22 17:18 | URL | #- [edit]
みかん says...""
おつらかったことと思います。
2017.09.22 17:18 | URL | #- [edit]
エリン says...""
我が子に安楽死の決断をするのって 本当に難しいと思います。

ベストではなかったかもしれませんが、ベストに近い最期だったのではないでしょうか。

アスカちゃんにしてあげられる事をできる限り全うされて、私もうちの柴 の最後はmiyukiさんのように出来る限りの事をして見送りたいと思います。

Miyukiさん、随分前に町中でアドさんと交代で写真を撮られた時、miyukiさんと一緒の写真より アドさんと一緒の写真の方が良い顔してるって書かれてる事がありましたね。
コメントしませんでしたが、アドさんと一緒の写真はカメラを向けてるmiyukiさんに向けてのての笑顔だと思います。 すでにどなたか同じコメントされてたらスミマセン。
Miyukiさんとの写真は ひょっとしたら アドさんに向けたスマイルを撮り逃がしてしまったのかもしれませんね??


2017.09.22 17:23 | URL | #- [edit]
はる says...""
miyukiさん、お疲れさまです。

辛い経験、きっと本当は書くことも載せることも、悩まれたのだと思います。
それでも、伝えることがあると思われて、書かれたのだと思います。

アスカちゃんの事、決して忘れません。
セナちゃんが来てからの、楽しい思いでも、アスカちゃんとの悲しい別れも、miyukiさんが教えてくれた後悔も。
毎日の犬との日々に感謝する時も、いつか、私が決断を下さなければならない時も、必ず思い出します。

必ず、必ず。
ありがとうございました。
2017.09.22 17:28 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 21:12 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.22 21:46 | | # [edit]
アラレぐま says..."ありがとうごさいました"
本当に壮絶ですね。胸が締め付けられます。ミユキさんの、安楽死の時期に対する悔いはよくわかりますし、正直そうしてあげて欲しかったとも思います。
けれど、それは後になってみないとわからないことだし、もう少し早く安楽死させてもやはり悔いは残るはずです。考えてみれば、安楽死させないのが、一番自然な形なのですから、アスカちゃんの場合、限りなくそれに近かったと考えれば、罪悪感はないと思いますし、アスカちゃんの苦しむ場面にとことん寄り添っていただいたので、それでよかったんだと思います。きっとアスカちゃんも感謝の気持ちでいっぱいだと思います。
今度(遠く先のことであって欲しいです)セナちゃんの時は、どんな最期になるか分かりませんが、きっと今回のことが活かされると思いますよ。
何よりも私がお伝えしたいのは、これまでの日々の記事もそうですが、最期の3日間を詳細に報告していただいたことは、深く感謝していますということです。いろいろ考えさせられましたし、ペットを飼うということは「かわいい」だけでなく、ここまでのことを考え覚悟しなければならないということを教えていただいた気がします。
本当にありがとうごさいました、そしてお疲れ様でした。
2017.09.23 01:02 | URL | #- [edit]
コロ&もみじママ says...""
アスカちゃんのご冥福をお祈りするばかりです。
「もう、ご飯も食べれるよ」って、まっまの夢枕に立ったのでしょうね。
なんて、可愛い娘何でしょう。
そして、すっかり大人になったセナちゃんこれからもまっまとアドさんの事頼むね。

アスカちゃんの最後をしっかりと包み隠さず伝えていただいてありがとうございました。
これからも応援させて下さい
2017.09.23 02:42 | URL | #IohZZCwQ [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.23 03:51 | | # [edit]
シバズキ says...""
まっまへ

おうちでしねてよかったよ。
みんながそばにいてくれて、こころづよかったよ。
くるしかった・・けど、しあわせだったじかんにくらべれば、たいしたことないよ。だいじょうぶ。
まっま、セナのことおねがいね。まだまだこどもだから。

って、アスカちゃん言ってそう?

私も、安楽死の経験があります。昔、実家で飼ってたワンコでした。病院での最期でした。もうすぐその子の命日です。

2017.09.23 03:51 | URL | #- [edit]
ほい says...""
アーたん
辛かったね
よく頑張ったね

家族に見守られて旅立てたのはちょっと安心だったかな?。




2017.09.23 06:22 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.23 08:45 | | # [edit]
マルスママ says...""
miyukiさん、お疲れ様でした。
そして、最後の様子を教えて下さり、ありがとうございます。

最後の最後で後悔せずに済んで、良かったですね!
眠るように逝ったでしょう?
きっとアスカは、ママとパパに感謝していると思いますよ。

うちのオスカルも去年、同じ様に眠るように逝きました。
私達は後悔していません!
あれ以上苦しむのを見るのは、辛すぎますから。
我が家は誰も、オスカルの死に顔を写しませんでした。
2017.09.23 08:58 | URL | #- [edit]
サスケママ says...""
上手く文章に出来る自信がないので、もし不愉快にさせてしまったらごめんなさいね。

安楽死は勿論「苦痛からの解放」を目的に行われるものですが「まだある命を終わらせるという選択」という面があって。
迷うのは当然の事だと思うのです。

出来れば選びたくないから「このまま穏やかに旅立ってくれれば」と願うのは普通で、いくら治らない病気だったとしても、穏やかに過ごせていれば選ぼうとはしない選択肢ではないでしょうか。

病院で亡くなれば「お家で送ってあげたかった」と思い、お家で看取ったとしても「あの時病院に行ってれば」と思ったり。
安楽死を選んでも「早すぎた?」とか「もっと早くに決断してたら苦しめずに済んだかも」
後悔なしとは、なかなかならないでしょう。

あーたんはやっぱり姐さんでエースでした。

「苦しんだまま死んだらマミィが後悔する」と頑張り、miyukiさんの覚悟を見届けると最後の力で呼吸を整え、穏やかに凛々しく旅立っていった。
少なくとも私にはそう見えました。

あーたんは本当にかわいい孝行娘です。




2017.09.23 10:22 | URL | #- [edit]
jiji says...""
ずっとコメント出来ずにいました。

ママ、アスカのことちゃんとみてるから


精一杯生きなさい


8月のみゆきさんの言葉。力強く心に残ってます。
これに尽きるのでは。
アスカは精一杯生きましたね、ママ、パパ、妹に見守られ、強く逞しく命を全うしましたね。
現実から目をそらさずに家族全員で病と戦う姿、アスカ心強かったはずです。
こんなに早く逝きたくはなかったけど、家族全員で立ち向かい、たくさんの愛と家族の絆をよりいっそう強くし旅立っていったのではと思います。

アスカの遺志はこれからもみゆきさん、アドさん、セナの中に生き続けていくこととおもいます。

みゆきさん、がんばりましたね。
アスカ、みゆきさんそっくりの素敵な女性でした。
ありがとう。

長くてごめんね。
2017.09.23 11:25 | URL | #- [edit]
もみじママ says...""
ミユキさん、とても辛く大変だったと。
言葉では言い表せないくらいのことでしたよね。
それを教えてくれてありがとうございます。
やっとコメントできるまでに私の気持ちがなりました。

あすかちゃんの病気を知ってから、ずーっと理不尽だとか、おてんと様は何をみてるのか!とか、
よくわからない気持ちをいだいていて、そして虹の橋を渡ってしまってからもザワザワとした気持ちをかかえていました。
悲しいでは表せない気持ちを。
でも、今回やっと少し気持ちの置き場所が見つかったようでした。
見ず知らずの私が…ですが(苦笑)

苦しい時もたくさんあったと思います。あすかちゃんもファミリーの皆さまも。でもあの時まで一緒にいられて本当に良かったと思います。あーたんはしあわせだったと思います。

今回のブログを読んでから、
以前のYouTubeを見て、あーたんを偲んでいます。涙は流れてきますが、元気な姿を焼き付けておこうと思います。

私ももみじ(柴)を飼い始めたときに、最後まで看取るのが私の責任だと強く思いました。
とても勉強になりました。

いろいろな意味で本当にありがとうございます。
まだまだ綴りたいことはありますが、長くなってしまったので…

これから少しずつ寒くなってきます。
ミユキさん、アドちゃん、セナちゃん、体調など崩さないように気をつけてくださいね。
これからも楽しみにしています。



2017.09.23 11:43 | URL | #- [edit]
くりママ says..."ありがとう"
あーたん。ずーっと、大大大好きです。ありがとう。
そして、Miyukiさん、あーたんと出会わせてくれて、本当にありがとうございます。
みんな立派です。見習いたいと思います。ありがとう。
2017.09.23 12:04 | URL | #- [edit]
Pomママ says..."誰もが通る道"
みゆきさん、教えてくださってありがとう。ワンコと過ごしている人は誰でも通らねばならない道ですから、みなさん他人事とは思えないのだと思います。
あんなに元気で森を散歩していたアーたんの病気を知ったときが、やっぱり一番つらかったんでしょうね。若い身体を死に渡さねばならないのはつらいと思います。先代犬は17歳だったので枯れ木がぽきっと折れるように逝ってくれました。
美由紀さんご一家の上に平安がありますように。
2017.09.23 12:45 | URL | #- [edit]
M姫 says...""
アスカさんの最期のご様子をお聞きして

miyukiさんのお心の機微に少しだけ、寄り添わさせていただきました

わたしも
『別れ』を経験したときのコトを想い出しました

アスカさん、本当に幸せだったでしょうね

こんなにステキなマミィのお側におられて‥
2017.09.23 12:53 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.23 14:19 | | # [edit]
さゆり says...""
毎日訪問してるのにコメント出来ずにいました
どう伝えれば良いのか

MIYUKIさん
ごめんなさい
私の数々のコメントは最後まで命を全うさせて欲しいという内容ばかりだったと思います
私も子供がいません
自分の子供同様のわんこの命を自分で期限を作ることは出来ないとずっと思っていたからです
MIYUKIさんが自分の娘 戦友とまで仰っていたあーたんを安楽死させる
どれだけ葛藤したか…覚悟がいたか…
胸が苦しくなります
少しでも家族の側に居させたい居て欲しい
けど…それ以上にこの苦しみから解放してあげたい
それも凄く大きくて暖かい愛なんだと知りました
あーたんMIYUKIさん教えてくれてありがとう感謝します

2017.09.23 16:46 | URL | #- [edit]
Mi says..."幸せな子"
あータンは病気になってしまったけど、miyukiさんの子で本当に幸せな人生(犬生)送れたと思います.短いけど素晴らしい家族との生活最高だったと思いますよ。最後の時間が穏やかでよかった。今、きっと虹の橋の向こうから,あの可愛いい笑顔で山散歩楽しんでますよね。そのシーンを想像してあータンロスから抜け出します!
2017.09.23 16:56 | URL | #- [edit]
taearc says...""
辛い選択でしたね。
私も1度考えた事がありました。
でも選べませんでした。
一番望むのは愛犬にとって「痛くない事、辛くない事、苦しくない事」それだけです。
今アスカちゃんは苦しみから解き放たれてお空で駆け回っているはずです。
本当に本当にお疲れ様でした。
2017.09.23 17:49 | URL | #V1AV1hd6 [edit]
リリィママ says...""
ミユキさん 涙が止まりません
リリィのお友達ワンコさんも同じ病気で亡くなりました。
最後の様子を教えてくれました
やはり 安楽死を選ばれたとの事
発作を見ているのか辛すぎるという話でした。
アスカちゃん 本当に頑張りました
ミユキさん アドちゃんには尊敬の言葉しかありません。
悲しみは日にち薬ですから、時が経つのを待ちましょう。お空で走っているアスカちゃんを想像して下さいね
2017.09.23 23:40 | URL | #yYFxAcAs [edit]
でこぽん says..."ピントずれ?!コメントで・・"
miyukiさん、辛いことを教えてくれて、ありがとうございます。
私ごとで、申し訳ないのですが・・数か月前に亡くなった父を思い出しました。
肺がん末期で認知機能が低下していた父・・最後の1ヶ月入院・・「家に帰ろう」・・
辛い・・呼吸苦で麻薬使用して、呼吸や表情が穏やかになりました。

あーたんのしんどさ・・頑張ったこと・・
miyukiさんとアドさん、そしてセナちゃん、辛かったですね。頑張られましたね。
哀しみは、波のようにやってきたり、しみしみ来たりあると思います。
後悔・・(ダチが、どんなにしても後悔はあるものだよ、って言ってた。ホントにそうだと今思う)
元気だったころと違う感じで?!、病気になって、お別れした今の方がそばに感じる・・って、あるのかな・・って、思います。

あー、何書いてるのか、、あーたんと亡父がごっちゃになってる。
ごめんなさい。

あーたん、セナちゃん、miyukiさん、アドさん、大好きです。
2017.09.24 02:23 | URL | #- [edit]
お芋 says...""
アスカちゃん、
ミユキまま、アドぱぱ、妹セナたんに見守られながら
お家で旅立てて 幸せでしたね。

 
これからも、皆さんを応援しています。

2017.09.24 02:37 | URL | #ck2BTx3s [edit]
Ginjiro-Sakura says..."アスカちゃん、ずっと大好きよ"
アスカちゃんがもう触れられないところに行ってしまった
悲しみは辛すぎるけど、miyukiさん家族が出した安楽死と言う選択は
アスカちゃんにとって最善のものだったと私も思います。
もちろん、ギリギリのギリギリまで選択できず、苦しんだように見える
時間ができたとしてもその時の気持ちも、私もmiyukiさんと同じだった思います。
アスカちゃんの異変に気付いてからずっと寄り添い続けてきた家族が
その時を決めたのだからアスカちゃんは最期ゆったりした気持ちで
その時を待てたのだと思います。

お空のアスカちゃん、miyukiさん、アドさん、セナちゃん家族に
これからも笑顔あふれる時間が沢山訪れますように♡
2017.09.24 06:52 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.24 08:15 | | # [edit]
COCOA says...""
この記事を読む前までは、可哀想…悲しい…という思いたけでしたが、壮絶な状態を拝見して、苦しみから解き放たれて良かったね!と思えるようになりました。

実家の2匹目は、ネグレクトにあっていた子を譲り受けました。
その時点で、癌腫瘍が体外にも出て、皮膚も爛れていて…でも一度も病院に連れてって貰えなかった子です。
その年のお正月は、彼女の無邪気さ&やんちゃさに振り回されながらも、楽しい時間を過ごしました。しかし、三が日を過ぎた頃から体調を崩し、それから一週間後に旅立ちました。
彼女に会いに帰郷した時、楽しい夢を見ているかのような安らかな顔を見て、泣きながら何故だかホッとした記憶があります。

それから暫くして、彼女の最後が壮絶なものだった事を聞きました。
痛み・苦しみから、悲鳴とも何とも言えない奇声をあげ、サークルのステンレスを何度も噛みながら、のたうちまわって息絶えたと…何年経った今でも彼女の遺影を見ると涙が出てきます。

人も動物も癌の終末期は本当に壮絶です。
父の最後は、セデーションで意識を落とし、その後心臓が止まるまで、麻酔を使い続けました。犬でいうその後の強い麻酔は犯罪になるから、出来ないだけです。大切な家族を苦しみから解放してあげる事、私は必要だと思ってます。

もし、あの頃の彼女にもう一度会えたら、私は間違いなく安楽死を選んでいると思います。母の膝にちょこんと座り笑顔の彼女の写真を見て、短い間だったけど、幸せを感じてくれてたら良いな…先代の子と仲良く遊んでくれてたら良いな…今の私の願いです。
私事を長々と書いてしまい申し訳ありません。

Miyukiさん、お辛い中アスカちゃんの最後の時間をお知らせくださり、ありがとうございます。セナちゃんは元気にしてますか?
アスカちゃんのフォトムービー何度も拝見させて貰ってます。「カッコイイね~幸せな犬生だったね!」って言ってあげたい★
まだまだお辛い時だと思いますが、また近況をお知らせくださいね
首を長ーくしてお待ちしてます。ずっと応援してますね!
2017.09.24 14:34 | URL | #- [edit]
たまこ says..."おつかれさまでした"
辛かったですね…
私は愛犬の最期を看取ることができず、
本当に後悔しています。
今でもずっと心残りです。
きっと犬たちはとても優しく、
家族が大好きだから、幸せだったと思う。
たくさんの幸せや思い出をくれた、
元気だったアスカちゃんを想い、
元気に3人で生きていってください。
アスカちゃんは最期まで精一杯生きたと思う。
アドさんとセナちゃんとみゆきさんらしく
生きてくださいね。
ブログ毎日みてます。
これからも楽しみにしてますね。
2017.09.24 14:46 | URL | #KC4fvQog [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.24 18:27 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.25 01:53 | | # [edit]
chie says..."初めてコメントします。"
私も10年前に愛犬を安楽死で見送りました。どうぞどうぞ、ご自愛ください。アスカちゃん、今までありがとう。安らかに。
2017.09.25 02:31 | URL | #- [edit]
まりまま says..."お疲れさまでした"
少し前から、拝見させて頂いていました
愛し、愛されていたんだなぁ、と、思いました

余所者なんかが、軽々しく言えることは何一つないと思うのですが、ただただ、ありがとうございました
2017.09.25 03:28 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.25 03:55 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.25 11:06 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。