スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安楽死

「今日、キーラを眠らせようと思うの」とキーラ母から告げられたのは獣医に向かう途中の車の中でした。

先週の土曜から何も食べず、何度も鼻から出血、ふらついて散歩の途中や家の中で倒れてしまうこともあったキーラですが、それでも昨日の朝、キーラはまだ自力で歩いていました。

キーラ母の選択は今この時点での安楽死。

栄養補給の点滴をして、寝たきりなったらオムツをつけて、、、そうやって世話をしたら、クリスマスも1月の16歳の誕生日も迎えられたと思う。
初.jpg

どういう形であれ生きていて欲しい。
思い出.jpg

でも助からない老犬の為に高額な医療費を支払いながらあと2ヶ月生かせることにどんな意味があるのか。
思い出2.jpg

77歳一人で年金暮らし、そんなキーラ母が下した決断、私はできるだけサポートすることにしました。

キーラが小型犬で、倒れた時にすぐにでも抱きかかえてあげられるサイズだったら、キーラが少しでもご飯を食べて、生きたいっていう意志を見せてくれていたら、安楽死の選択はもう少し先立ったかな。。。
四月.jpg

***
19日午前9時病院、着。
一緒に.jpg

寝坊して犬の散歩をする時間がなかったので、待ち時間に散歩をさせようとうちの柴っ子も一緒に来ました。
キーラ.jpg

午前10時半、致死量の麻酔薬をキーラに注射。
キーラ2.jpg

眠り始めるキーラ。
眠い.jpg

それから1時間かけてゆっくりキーラは旅立っていきました。

キーラの眠気に誘われて、うちの子も途中までお供です。。。
お供.jpg

1時間ずっとキーラの体をさすり、話しかけながらのお別れ。

「大丈夫、皆一緒だから怖くないよ」「いい犬生だったよね」「ありがとう」「愛してるよ、キーラ」

午前11時半、ドクターが心臓停止を確認。

こんな別れでした。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

-51 Comments

shiba_yama says...""
キーたん、ありがとう。
どの写真も綺麗な顔をしているね・・・
あなたがこの犬生で残してくれたものははかりしれません。
これからは天国からママのこと見守っていてあげてね。
どうぞゆっくりと休んでください。
今日はあなたのことを祈りながら過ごします。
キーラママもmiyukiさんがそばにいてくれて
心強かったでしょうね。
涙が止まりません・・・
2014.11.20 12:10 | URL | #79D/WHSg [edit]
茶々ママ says...""
キーラちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
もう苦しまなくてお空から皆さんを見守ってくれてますね。
茶々の安楽死は一度も考えたことはないけれど
いつもいつも私達が勝手にムリに辛い思いをさせて生かさせてるんじゃないのかしら・・・という思いと葛藤しているのでキーラママさんのお気持ちがよくわかります。
確かに医療費は毎月バカにならない額になりますしね。
茶々は軽々オムツ交換できる体重なので、もし寝たきりになっても最後までお家で看取ることができるのが今は嬉しいです^^
そちらでは、点滴で栄養補給ができるんですか?
私が行ってる先生に犬の血管は細いからビタミンや糖分なら少しは入れられるけど、人間のように生かすための栄養はムリだと言われちゃいました。
動物は食べることをやめたら・・・ってことなんでしょうね。
キーたんのお見送り、しんどかったと思います。
本当にお疲れ様でした。アーたん、セナたんに癒されて
2014.11.20 12:52 | URL | #79D/WHSg [edit]
茶々ママ says...""
ゴメンナサイ!途中です!
アーたん、セナたんにめいっぱい癒されて元気になって下さいね!
2014.11.20 12:55 | URL | #79D/WHSg [edit]
主様と同じ遠くへ嫁いだ仲間。 says...""
キーラちゃんの眠るお顔を~見ていたら、涙が少しずつ出てきました。
ご高齢の1人暮らし《私子どもいないので仮に年下ダンナが先に眠った場合私もいつかは高齢1人暮らし》
は、その選択で間違えてないと思います。
私も…仮に同じ立場なら同じです。
キーラちゃん~私の愛犬クロス(白い雑種男の子よ)に会ったかな☆
2014.11.20 13:13 | URL | #79D/WHSg [edit]
うー子 says...""
ショックです。
その決断がいい、悪いではなく。
決断を下す勇気。
なんだか涙が止まりません。
2014.11.20 13:14 | URL | #79D/WHSg [edit]
chieko says...""
死はとても悲しいですが、キーたんが大好きな皆さんに囲まれて、温もりを感じながら天国へ旅立ったと知って心が落ち着きました。
アスカたんとセナたんは、キーたんの死を理解しているのでしょうか。
キーたんと一緒に写っている時のアスカたんとセナたんは、いつもリラックスしていて嬉しそうでしたよね。
姉妹のような関係でお互い幸せだったんだろうな。
2014.11.20 13:32 | URL | #79D/WHSg [edit]
イヌさん says...""
辛い役目でしたね。
よくぞキーラの最後の姿を記録に残してくれました。
ベストの判断って たぶん誰にもわかりません。
その時ベストと思っても後悔はすると思います。
自分がその時を迎える時は考えて考えて判断します。
その時までは全力で愛します。
ミユキさんは やるべきことをされました。
おつかれさまでした。
キーラのご冥福を心より お祈りしています。
2014.11.20 13:45 | URL | #79D/WHSg [edit]
みみママ says...""
初めまして。
初めて、コメントを書き込みます。
いつも、柴っこ達の姿に癒されている1人です。
キーラの最期が安楽死であったことを読み、少し驚き、心が乱されました。キーラの最期の姿を見ると涙が溢れてきました。
我が家にも7歳になるシュナウザーの男の子がいます。
元気な今は1日も長く一緒に居たいと願っていますが、その最期の1日が彼にとっては辛いだけの1日であるなら、今回の様な選択もあるのだと感じました。

miyukiさんもお辛い役目だったと思います。
お疲れ様でした。
キーラの冥福をお祈り致します。
2014.11.20 14:13 | URL | #79D/WHSg [edit]
なみなみ says...""
ミユキさん、キーラ母、アスカちゃんセナちゃんと一緒にお見送りできて良かったですね…今は、あーすればよかった等後悔ばかりしか思い浮かばないと思います。キーラとの沢山楽しかった事を思って過ごして下さい。気が付けばと柴姉妹が側にいますよ
2014.11.20 14:17 | URL | #79D/WHSg [edit]
たやや says...""
みゆきさま、初めまして。初コメントです。
数ヶ月前から、毎日訪問させてもらっています。
いつも、アスカちゃん、セナちゃん、アドちゃん(ちゃん付けすみません。)に癒されてます。
草原をおもいっきり自由に駆け巡る柴っ子の画像を見るのが、楽しみです。
さて、今回キーラの記事を読み、いてもたってもいられず、コメントさせていただきました。
私も、約2年前に愛犬を亡くしました。
最後一年間は寝たきりで、介護の日々でした。
安楽死、何度も何度も考えました。
わんこが、何か辛くてきゅんきゅん泣いているんですが、どうすることもできない。
日に日に、弱っていく体、昨日まで出来ていたことが、今日は出来ない。受け入れることが辛くてたまりませんでした。一年もの間、苦しませてしまって、ほんとにこれで良かったのかなと、後悔もありましたが、きっと、またあのときに戻ったとしても、私はまた同じ選択をするんだろうなと思います。
キーラのママさんが選択されたことも、1つの賢明な選択だと思います。もちろん、私にはジャッジする資格なんてないんですが、それも、愛だなととても、自分の胸にストンときました。
私もキーラのエピソードを、読むのがとても楽しみにしていました。キーラの冥福を心から祈らせてもらいます。
突然に失礼しました。
2014.11.20 14:25 | URL | #79D/WHSg [edit]
NOAH says...""
高校生の頃実家で飼っていた仔を
安楽死という形で送りました
助からない病気で、わかった時点で安楽死を勧められたけど断りました
でも結局どうしようもないような状態まできて
獣医さんに家まで来てもらって注射してもらいました
もっと早く私たちが決断してたら
あの仔はあんなに苦しまなくて良かった
今でもそう思って涙することもあります
でもハルが今不治の病になってしまったら
私は…
どうするかわかりません
難しいですよね
キーラの飼い主さんもMIYUKIさんも
辛かったですね
キーラのご冥福をお祈りします
2014.11.20 14:27 | URL | #79D/WHSg [edit]
Mirror Miroir says...""
これはショックでした。飼い主の判断は絶対ですから仕方ないですが注射打つ瞬間、私なら耐えられなかったと思う。切なくて泣いてしまいました。
2014.11.20 14:31 | URL | #79D/WHSg [edit]
ショー says...""
安楽死でしたか…
難しい決断ですよね。
食べられず弱っていき…苦しむ姿はできれば見たくないですから。
身近にいて、旅立ちを見送ったmiyukiさん、さぞや辛かったと思います。
キーラちゃん…みんなに見送られ、幸せな犬生を全うできたと信じます。
2014.11.20 14:45 | URL | #79D/WHSg [edit]
イヌコ says...""
もしもわたしが犬に生まれて、キーラのような最期なら、感謝の気持ちいっぱいで逝けると思います。
やさしいお母さんとお友達に見守られて苦しまずに眠って逝けるなんて。
許されるなら、人にもこの選択があったらと思ってしまいます。
大切な人のぬくもりを感じながら最期のときを迎えることができるのですから。
2014.11.20 14:48 | URL | #79D/WHSg [edit]
まき says...""
はじめまして。
コメントさせてください。
いつも楽しく読ませてもらってます。
キーラの登場回はキーラなら、犬に無愛想なうちの柴娘でも仲良くなれるかな、なんて想像していました。
キーラが苦しまずに安らかに眠れたことを祈っています。
2014.11.20 15:04 | URL | #79D/WHSg [edit]
美穂 says...""
昨日の記事を読んで、
言葉がみつからずにいました。
きょうの記事を読んで、
そういう事だったのかと涙が出ました。
辛い役目でしたね。
キーたんみんなに見送られて静かに逝くことができて、
幸せな犬生だったと思います。
自分に置き換えると判断は難しいです。
ただただキーたん、安らかに。
2014.11.20 15:26 | URL | #79D/WHSg [edit]
はな says...""
2014.11.20 15:32 | URL | #79D/WHSg [edit]
Mirror Miroir says...""
これはこたえました。涙がでます。辛かったでしょう。柴娘は理解しているのだろうか?
2014.11.20 15:34 | URL | #79D/WHSg [edit]
ゆみ says...""
安楽死だったんですね。
キーたんが苦しまずに静かに虹の橋を渡れたのなら良かったような気がします。
愛する仔が苦しむ姿は辛くて耐えられないものですもの。
みんなに見守れらて、きっとキーたんは幸せな気持ちでいたと思います。
キーたん、愛してるよ!!
2014.11.20 15:37 | URL | #79D/WHSg [edit]
says...""
大変でしたね。本当にこの世の中は、難しい選択の連続ですね。一生懸命考えて考えて 選びながら進む毎日はきっとみんなの幸せです。キーラも大丈夫みゆきさんもキーラママも元気出して下さい。祈っています。はなより。
2014.11.20 15:41 | URL | #79D/WHSg [edit]
藍 says...""
難しい決断をされたキーラ母さん、それに立ち会われたmiyukiさん。アスカちゃん、セナちゃんも見守るなか、こんなおだやかな旅立ちもあるのですね。キーラちゃん、精一杯生きて幸せな犬生だったと思います。辛いお役目を引き受けられたmiyukiさん、ホントにお疲れさまでした。キーラちゃん、どうぞ安らかに。
2014.11.20 16:29 | URL | #79D/WHSg [edit]
はなちゃん says...""
涙がとまりません。
2014.11.20 18:10 | URL | #79D/WHSg [edit]
かのこ says...""
まさかそういう最期だったなんて…衝撃を受けました…うちの前のわんこはもう歩けなくなって何も食べられなくなっても最後の最後まで生きたい生きたいと歯を食いしばって力尽きたように亡くなりました。笑顔で歩いているきーたんの姿、眠りいく姿、複雑な思いになりました。外野がとやかく言うことではありませんが………ママさんの決断の理由も納得できますし。
miyukiさん立ち会いお疲れさまでした。
2014.11.20 18:47 | URL | #79D/WHSg [edit]
Rapi says...""
大好きな人たちとお友達ワンコに見守られて虹の橋へ旅立ったキーラちゃんは幸せだったと思います。こちらの方はQOLを第一に考えますよね。実は私も獣医に安楽死を考えるよう言われたことがあります。その数ヶ月後に私の犬は突然倒れ 心の準備も出来ないまま あっけなく逝ってしまいましたが、飼い主としてどうしてあげれば良かったのか今でも考えてしまいます…
キーラちゃん、良い犬生を送れたね。どうぞ安らかに…
2014.11.20 19:16 | URL | #79D/WHSg [edit]
ほい says...""
アスカ&セナちゃん、ずっとキーラちゃんと一緒だったんだね。
「眠るように」と書かれてたんで、もしかして…とは思ってましたが、そうだったんですね。
理想は幾らでも語れるけど現実は厳しいですね、キーラママもそれを見守ったmiyukiさんもさぞやお辛かった事でしょう。
もっとしてあげられた事があったんじゃないか、何もしてあげられなかつた…
2014.11.21 01:26 | URL | #79D/WHSg [edit]
いくこ says...""
miyukiさん、お疲れ様でした。
そしてお辛いなか、たくさんの記録を見せて頂いてありがとうございます。
びっくりしました。
同時に私だったらどうするだろう、と考えました。
…私だったら決断できないなあ…。
でも、正解はないのでしょうね。
うちの12歳になる子も来週手術です。とはいっても命にかかわるようなものではなくて、脂肪腫をとる手術なのですが。(とるつもりはなかったのですが筋肉を圧迫してしまっているため踏み切ることにしました)
それでも今から心配でおかしくなりそうです。
キーたんのママも、miyukiさんもほんとうにお疲れ様でした。
キーたん、ほんとうにありがとう。
2014.11.21 01:33 | URL | #79D/WHSg [edit]
Kotaママ says...""
そうでしたか、、(涙)
どの選択が正しいかなんて簡単には分かりませんが、愛情をもって飼い主が一生懸命考えて出した結論が全てだと思います。miyukiさんも辛かったでしょう。
こうやって、病院に出向いてするものなんですね。いろいろと考えさえられました。
キーラ、楽になって飛び回ってるかな?本当にありがとね。
2014.11.21 01:48 | URL | #79D/WHSg [edit]
あずき says...""
miyukiさん、お辛い中の更新、ありがとうございました。
キーママさんのサポート、本当にお疲れさまでした。
キーママさんも悩み抜いての結論だったのでしょうけど、キーたんの最後の形、考えさせられました。
つい先日、末期ガンだったあず友が食事もとれなくなり高熱をだし、最後は自宅でママの腕の中で旅立った聞いた後だったので、余計に胸にずしりと来ます。
高齢者と老犬..しかも不治の病の...。
お散歩の行き帰り、車の中からある高齢のご婦人と老犬に時々すれ違います。
他に散歩する人がいないのか、そのご婦人は自分もカートを押しながら、暑い日も寒い日も老犬とゆっくりゆっくり歩いていて、その姿を見る度に「わんちゃんが具合悪くなったら、誰か助けてくれるのかな?」って不安になり、「どうか、わんちゃんを置いて先に逝かないで...」って祈ってしまいます。
我が家もあずと3人暮らしなので、あずを置いては絶対逝けないって思っちゃいます。
とても難しいテーマで、答えは人それぞれなのだけど、今はただただ、キーたんのご冥福を心からお祈りします。
2014.11.21 02:54 | URL | #79D/WHSg [edit]
Sarah姉さん says...""
いつも楽しく拝見しています。
今回は悲しいお話でした。でも、ペットを飼っている方々にとっては重要なお話でしたよね。
とても難しい選択だと思います。我が家は2匹とも自宅で看取りましたが、それは柴犬だったからで、確かに大型犬で飼われている方も高齢でしたら、安楽死の選択だって仕方ない事だと感じます。
もういらないから、飼いたくないからの安楽死ではなく、キーラちゃんを思っての安楽死。そばに居る方が一番辛かったと思います。
キーラままさん、お疲れ様でした。
2014.11.21 03:40 | URL | #79D/WHSg [edit]
tama says...""
miyukiさんはじめまして。
ちょっと前からこっそり楽しませてもらってましたが、今回ばかりは出てきてしまいました。
キーラママさんのご決断は考えに考えた末のことだったでしょうが、本当にお辛かったことと思います。
こればっかりは皆さんがコメントされてるように、正しい答えはないかな、と。でも愛情があって下した決断ですから、きっとキーラにも伝わってますよね。
ウチのコギももうすぐ11歳になります。人間より早く逝ってしまうことは分かってても、出来るだけ長く一緒にいたいと願うばかりです。
2014.11.21 04:35 | URL | #79D/WHSg [edit]
柴ちぇりマミィ says...""
そうだったんですね。
いろいろな気持ちが交錯されたでしょうね。
この時に一緒にいてあげられたmiyukiさん、キーラマミィとの絆の深さを感じました。
自分がキーラマミィならば、きっと同じ決断をしたと思います。
ブログを拝見していてこんなに涙が出るのは、きっとキーラたんが幸せだったんだということがなぜだか伝わるからなのでしょうか…
キーラたんが生きていた時が輝いていたんですよね。
miyukiさん、お疲れ様でした。
2014.11.21 05:42 | URL | #79D/WHSg [edit]
hanahana says...""
すみません、上手に言葉になりません。
辛い辛い決断。
そう決断されたキーラママさんの心中を察する余りあります・・・
miyukiさんも傍で本当に辛いお役目でしたね。
涙が止まりませんが、
残された皆さんのお気持ちをそっと慮り、
今はただただキーラの愛おしい仕草、表情を偲びたいと思います。
今、近くにいてくれる我が子たちを精一杯大切にすることもキーラちゃんへの1つの供養ですよね。
アスカちゃん、セナちゃんにしっかり支えてもらって下さいね。
2014.11.21 06:13 | URL | #79D/WHSg [edit]
ごましばママ says...""
涙が溢れるというより、嗚咽が止まりませんでした。どんなに科学が進んでも、「命」や、「生きる」ということは合理性の枠にはあてはまらない故に、何がベストなのか却って難しい時代ですね。命は運ばれるのも、去っていくのも苦痛の波に乗ってですし、女性の体は毎月少なからず苦しみを伴った命のバイオリズムの満ち引きにさらされて・・・。
ただワンちゃんという生きものの切なさを想います。いとしい姿形、感触、しぐさ。言葉を持たない悲しさを。飼い主にぬくもりと優しい気持ちばかりを残し、最期まで人を信じることを手放さない存在の哀しさを・・・。
本当にお辛かったと思います。心からご冥福をお祈りいたします。
2014.11.21 06:46 | URL | #79D/WHSg [edit]
ここまま says...""
すぐにはコメントできなかったんです。涙が出てしまってうまく書けないのです。こちらのブログで柴犬の特性を読むことで教えていただき、うちのわんこだけかと悩んだことも大丈夫なんだと安心したり、笑ったりさせてもらいました。
生き物を飼うということは、こういう厳しいこともあるんだと、きれいごとではすまされない事実を突きつけられたきがしました。自分ならどうするんだ、今は若いこの子もいつかは年を取り弱っていく、不治の病に侵されるかもしれない、楽しいことも幸せも背中合わせに辛いことがあるんですね。
うまく書けないけど、書かずにはいられなくて… ありがとうごさいました。
2014.11.21 10:26 | URL | #79D/WHSg [edit]
チョビママ says...""
泣いちゃいました。
お散歩中 何度か会って…おばあちゃんから離れてトコトコついてきたこと思い出します。
いつまでも、生きて欲しかったけれど それは、人間のエゴですよね。
最後まで辛く痛い思いをしながら 最後を迎えるより みんなに見守られながら 眠るように天国へ逝ったほうが幸せだったと思います。
MIYUKIさんも辛かったでしょうね…でも、最後にMIYUKIさんとアスカちゃん、セナちゃんと共に側に居てくれたから嬉しかったと思います。
日本から ご冥福を祈ります。
2014.11.21 12:49 | URL | #79D/WHSg [edit]
うっしー says...""
記事を読んでいて涙が止まりませんでした…。
キーラママさんはじめ、周囲の皆さんにはとてもとても辛い決断だったのではないでしょうか。でも、これだけ皆に愛されて、穏やかに逝くことができて、とても幸せな15年間でしたね。
心よりキーラたんのご冥福をお祈りします。
2014.11.21 14:09 | URL | #79D/WHSg [edit]
para says...""
淡々と書かれているmiyukiんの気持ちも一緒に感じられて涙が止まりませんでした。
キーラ、愛された犬生でしたね。
いつかは訪れる愛犬との別れ、QOLを1番に、とは思いますが、
その決断が出来るかはまだわかりません。
きっとその時にキーラのことを思い出すと思います。
ありがとう、と言わせてね。
2014.11.21 15:03 | URL | #79D/WHSg [edit]
藤原 says...""
「助からない老犬の為に高額な医療費を支払いながら
あと2ヶ月生かせることにどんな意味があるのか。」
それが どんなに短い時間だろうと
一緒に生きたい 一緒にいたい
それだけが 愛犬と飼い主の願いです
私は 愛犬を癌で亡くしました
一秒でも 長く生きて欲しかったです
2014.11.22 15:04 | URL | #79D/WHSg [edit]
momoko mama says...""
やっとコメントすることができました。いろんな思いがぐるぐる回って、自分でも答えを見つけることはできませんでした。
高額医療費云々についてはそれぞれ意見があると思います。私は看護師として多くの高齢者を見てきました。本当に多くの高齢者が「死なせて」「早くお迎えに来て欲しい」と仰います。自分が辛いのもありますが、家族に身体的、経済的負担をかけたくないとの思いがあるため早く死にたいと言われるのです。このことをキーラさんに当てはめることはできませんが、安楽死を決断した家族も決して楽になったわけではないと思います。最期まで一緒にいられなかった悲しみや辛さを抱えているのではないでしょうか。
今回、「自分ならどうする」と考える機会となりました。私にはmiyukiさんみたいな存在がないので最期の時を迎えるのが、今から心配です。キーラさん、今までありがとうございました。ご冥福をお祈りします。
2014.11.23 02:33 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
shiba_yamaさんへ
キーラが死んだ後、台に載せて、キーラ母が抱きしめてお別れをしたんですが、獣医さんが腫瘍のない方の顔(奇麗な方)を上にしようねって遺体の向きを変えてくれました。そういう気遣いのできるお医者さんにキーラの最期を看取ってもらえて、本当に嬉しかったです。
キーラの最期、私はずっと泣きっぱなしだったので、全然支えになっていなかった気がします。。。弱いです。
茶々ママさんへ
茶々は散歩にも行けているし、おやつもささみも欲しがったりしているから、まだまだ「生きる意志」があります。ブログを読む度に茶々は大丈夫、元気になるって思っています。
辛い記事、読んで頂けて、コメントまでして頂けて嬉しかったです。
主様と同じ遠くへ嫁いだ仲間。さんへ
キーラが10歳を過ぎた頃から「キーラが死んだらどうしよう」ってキーラ母は心配していました。今はキーラの音がしないのが寂しいって言ってます。
寂しいけれど、愛犬の最期をしっかり見送るという大役を果たして、ほっとした気持ちもあるみたいです。
キーラ母のこと、時々犬と遊びに行って励まします。
2014.11.24 17:19 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
主様と同じ遠くへ嫁いだ仲間。 さんへ
旦那さんが亡くなって13年、キーラと二人で生きてきたキーラ母が下した決断です。私も最後は納得してサポートしました。
キーラの旅立ちが穏やかだったから、キーラ母も私も心穏やかに送ることができました。これで良かったって思いました。
クロス君、キーラと仲良くしてやってね♪
うー子さんへ
私もいきなり聞かされたので、ショックで泣きっぱなしでした。もし私が反対したら、止めていたと思う。だけど反対できませんでした。
全てが終わった今はこれで良かったって思えます。
穏やかな死っていうのは、残された飼い主たちの心を癒してくれるんだなぁってしみじみ思いました。
chiekoさんへ
アスカもセナもキーラが死んだ事、理解できなかったみたいです。。。普段からキーラは寝ていることが多かったので、「キーたんまた寝てる」位に思っているのかもしれません。
本当に辛い別れでしたが、大好きなキーラの最期を皆で見送る事ができて、幸いでした。
2014.11.26 16:39 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
イヌさんへ
あの日は本当に辛くて泣いてしまったけれど、でも今はすっきりして後悔はありません。
皆に愛された15歳と10ヶ月の犬生は幸せだったって思えます。
アスカもセナもキーラのように長生きしてくれるよう全力で愛します。ベストをつくせーってね。
みみママさんへ
初コメントありがとうございます。
今まで3度、飼い犬/猫の死を経験しましたが、どの子も苦しみながらの死だったので、悔いばかりが残っています。最期のことばかり思い出されて、幸せだったころの思い出がかすんじゃってます。(涙
今回、安楽死に立ち会い、キーラのような穏やかな死は残された家族の心痛を軽減するんだなって実感しました。
キーラ、いろんなこと教えてくれてありがとう。
なみなみさんへ
大好きなキーラを皆で看取る事ができて本当に良かったって思います。いつかこんな日が来るとは思っていましたが、まさかアスカもセナも立ち会うとは。。。3匹一緒に眠る姿、目に焼き付けました。
キーラに会えて、本当に良かった。いい思い出ばかり残してくれました。
2014.11.26 17:00 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
たややさんへ
初コメントありがとうございます。
たややさんに悔いがないなら、1年の介護を選択したことは正しい選択だったと思います。1年の長丁場、寝たきりの子を介護なんて愛がないとできません。たややさんの愛を受け止めて旅立っていったと思います。
大事なキーラを苦しみの中で逝かせたくないという思いから安楽死を選んだキーラ母も後悔していません。
私は愛犬/愛猫と今まで悔いの残る別ればかりして来たので、アスカやセナの時は後悔しないようにお別れしたいです。
NOAHさんへ
ちょっとでも長生きさせる、安楽死をさせる、どっちを選んでも辛いですよね。愛しい家族なんだから当然です。
アドちゃんはオランダ人だから「助からないのに苦しみを長引かせるなんてかわいそう」という意見です。
私は日本人なので「ちょっとでも長く」と願う気持ちが今までは強かったんですが、キーラの安楽死に立ち会って、こういう穏やかな別れもいいなって思えました。
アスカとセナがつられて眠ってしまうくらい本当に穏やかな眠りでした。
Mirror Miroir さんへ
辛かったけれど、最期はしっかり見届けようと踏ん張りました。注射を打つ時にキーラを抑えたのは私です。。。
キーラは全く苦しまずに穏やかな寝息を立てながら旅立ちました。
キーラの為に泣いてくれてありがとう。
2014.11.26 17:35 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
ショーさんへ
自然死を選んでいたら、恐らく、鼻血が気管に詰まって窒息死で最期を迎えていたんじゃなかいかなって思います。キーラ母は最愛の子を苦しみの中で送りたくない、そういう思いから安楽死を決断しました。辛かったけれど、大好きなキーラの最期に立ち会えて、本当に良かったって思いました。お別れも十分に言えて、キーラの死、しっかり受け止める事ができました。
イヌコさんへ
最後の5日、ご飯を食べなくなっていたキーラを見て、「もう十分」ってキーラ自身が言っているような気がしました。キーラが少しでも食べてくれていたら、「もう少し待って」と言ったかもしれません。
眠りながらの穏やかな死は見守る方も辛さが軽減され、落ち着いて感謝の言葉を伝えることができました。いい別れでした。
まきさんへ
はじめまして。初コメントありがとうございます。
キーラは本当に大人しい優しい子で、どの犬もキーラが大好きでした。気の強いアスカが耳ぺたで挨拶する唯一の犬です。まきさん家の柴子ちゃんもきっと仲良くできたと思います。
穏やかなキーラにふさわしい穏やかな死でした。
美穂さんへ
辛かったです。いっぱい泣きました。でも後悔はありません。いい別れができたので、いい思い出ばかりが思い出されます。
今まで愛犬との別れはいつも非常に辛く、後悔ばかりしていました。思い出すことも最期のことばかりで、楽しかったことがかすんでしまいました。皆、苦痛の中で旅立っていったことが原因なのかな??
アスカとセナの時は悔いが残らないようにしたいです。
2014.11.27 10:49 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
ゆみさんへ
最後の5日、ご飯を食べず、薬も飲めていなかったので、痛みや鼻血がひどかったようです。。。キーラが鼻血を出す度にキーラ母、パニックになっていました。
安楽死に立ち会い、学んだことは、穏やかな死は残された人の気持ちを軽くするということです。
苦しみの中の死だったら、きちんとお別れも言えず、ただただ何もしてやることのできない無力感につぶされていたと思います。
大好きなキーラが苦しまずに逝けて良かった。お別れをちゃんと言えて良かった。会えないのは寂しいけれど、後悔はありません。
はなさんへ
優しいお言葉ありがとうございます。治療して少しでも長く生かすのか、自然死を選ぶのか、安楽死を選ぶのか、どれも選びたくない選択でした。どれを選んでも飼い主のエゴのような気がして、キーラ母は本当に辛かったと思います。選んだ答えに悔いがないんだから、正しい選択だったんだ、って思うことにしました。
最後にキーラにきちんと別れを言うことができて本当に良かったです。
藍さんへ
そうなんです、アスカとセナが一緒に眠ってしまうくらい穏やかな最期だったんです。
今まで見送ってきた愛犬/愛猫たちはどの子も苦痛に顔を歪ませながら旅立っていき、何もしてあげられない無力感と大事な子が死んでしまうという恐怖しか感じられない別ればかりを経験してきました。
キーラとの別れは、もちろん辛かったんですが、見守る私たちの心が穏やかになる、そんな別れでした。
何度もキーラありがとう、大好きだよって伝えることができました。
いい別れでした。
2014.11.27 11:14 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
はなちゃんへ
私もあの日はずっと泣いていました。キーラの為に泣いてくれてありがとう。キーラはみんなに愛されて幸せだなぁ。
かのこさんへ
こちら(ドイツ、オランダ)は最期一歩手前で安楽死させるのが一般的なようで、アド両親も20年飼っていた
猫をご飯が食べられなくなってから3日後に安楽死させていました。最初は私もこのやり方が納得できませんでしたが、キーラの穏やかな最期を看取ってこういう別れ方もあるんだなぁって思いました。
2014.11.28 17:20 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
Rapiさんへ
QOLを考えて、手術をしないと決めたキーラ母でしたが、病状が悪化するにつれ、少しでもよくならないかと、眼球摘出手術のことも考えたりしました。でも獣医さんが「僕が飼い主だったら、しない」って言って下さって、キーラは最後まで痛みの少ない闘病だったと思います。自分の選択が正しいのか自信がなくて、愛犬を失うのが怖くて心乱れていたキーラ母を救ってくれたのはシューベルト先生です。信頼できる獣医さんに出会えて良かったって思います。
ほいさんへ
まさか安楽死させると思っていなかったので、あの日は待っている間に散歩に連れて行くつもりでアスカもセナも一緒に獣医に行きました。偶然でしたが、最期に一緒に3匹でお昼寝ができてよかったって思います。
お別れが穏やかだったので、「あーすればよかった」とか後悔はありません。キーラの15歳と10ヶ月はいい犬生だったって思えます。
いくこさんへ
手術、無事済みましたか?脂肪腫、キーラもかなり大きいのが肩のあたりにできて、4年前に手術しました。手術後、キーラは若々しくなって、すごく元気にしていたのを思い出しました。いくこさんのわんちゃん、良くなりますように!
優しい性格のキーラにふさわしい穏やかな最期で、ちゃんとお別れができて、よかったって思います。
2014.11.29 14:30 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
Kotaママ
病院の手術室(とレントゲン室)でお別れでした。
「自宅で眠るように」がベストだとは思うのですが、麻酔薬を注射しなくてはいけないので、安楽死は病院で行われるのが一般的なのかなって思います。自然死だったら、鼻血が気管につまって窒息死だったと思うので、こういうお別れの方が正直、見ている方には辛くないのかなぁと。
あの日からもう10日もたったんだなぁ。。。
あずきさんへ
返事が遅くてごめんなさい。。。この記事のコメント返信を書くと涙が出てきて、中断しちゃって進みません。
キーラ母、キーラの病気が悪くなってから、「まだ一緒に生きよう」ってキーラのことを励ましていて、見ていて辛かったです。キーラ母はキーラの最期をしっかり看取れて役目が果たせて良かったって言ってました。
旦那さんが亡くなってから13年一緒に過ごした愛犬が旅立ち、一人残され、すごく辛いと思うので、電話したり、一緒に買い物に行ったりしています。
Sarah姉さんへ
キーラがもっと軽かったら、、、何回も思いました。24kgは私でも一人ではなかなか抱えられません。安楽死の4日前にどこかにバギーのようなものがないかって聞かれて何にも思いつかなくて。。。(涙
人間もそうですが、最期は自宅で眠るように逝くのが幸せですよね。
キーラ、なんでガンになっちゃったのさ。
tamaさんへ
はじめまして。初コメントを頂いていたのに、返事が遅くて申し訳ないです。返信コメントを書く度に泣けて、キーラに会いたくなって仕方がありません。「穏やかな別れで良かった」「後悔はない」って書いてるくせに、泣けてきます。あの選択で良かったとは思ってはいるんですが、別れはやっぱり辛いです。
コギちゃん、長生きして下さい。いっぱいいっぱい可愛がってあげて下さい𕾗
2014.11.30 23:56 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
柴ちぇりマミィさんへ
キーラ母とは4年前公園で友達になってから、ずっと仲良くしてもらっています。けっこう何でも言ってくるので、こちらも負けずと言い返してます。親戚のおばちゃんみたいな感じかな?
あの日、キーラ母は全然泣かず、私だけがびーびー泣いてました。キーラの周りの床が私の涙で濡れちゃう位、涙があふれてどうしようもなかったです。
私もあの選択で良かったと思います。だけど、本当に辛くて涙が止まりませんでした。。。
hanahanaさんへ
もともと野良犬だったキーラが保護されて、ドイツに来て、キーラ母にもらわれて、15年10ヶ月も生きたんで、大往生です。
大型犬で15歳超えはかなり長生きだとは思うんですが、やっぱりもっと長生きして欲しかったって思っちゃいます。もっと一緒に散歩に行って、キーラを撫でていたかったな。。。
アスカとセナもキーラみたいに長生きして欲しい。こんなに大事にしてるんだから、長生きするよね?なんて脅迫してます。(笑
2014.12.01 00:07 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
ごましばママさんへ
コメントありがとうございます。
命に限りがあるから、こんなにも愛おしく思うんですよね。昨日はずっとキーラのアルバムを作っていました。キーラ母へのクリスマスプレゼントです。
本当にたくさんのいい思い出を残してくれました。
キーラへの愛はいつまでも変わりません。
ここままさんへ
初コメントありがとうございます。キーラが死んで落ち込んでいる時に皆さんの温かい言葉を読ませて頂いてさらに泣き、返信を書きながらまた泣き。。。あの日のことを思い出すとまた泣けてきますが、あの日のこと、忘れずに生きていこうって思います。大好きなキーラのことだから、全部覚えておきたいです。
チョビママさんへ
キーたん死んじゃいました。。。ドイツに来て一番泣きました。
でも本当に穏やかな旅立ちだったので、苦しまずにいけたってことに良かったって思えます。
チョビ、長生きしなよーーーーー。
2014.12.02 11:36 | URL | #79D/WHSg [edit]
says...""
うっしーさんへ
幸せな15年だって思います。大型犬が15年と10ヶ月も生きるってすごいことですよね。全然ぼけてなかったし、最後の時まで歩いていました。
大好きなキーラときちんとお別れができて良かったです。キーラ今までありがとう。
paraさんへ
あの日は本当に辛かった。。。コメントの返事を書く度に思い出して泣きながら書いてます。
いつかアスカやセナとも別れる日が来ると思うとまた泣けてきますが、しっかり送ろうと思います。アスカとセナの時もあんな風に感謝の気持ちを伝えてから別れたいです。
藤原さんへ
20日の記事にも書きましたが、私自身は安楽死に対してすごく葛藤がありました。「どんな意味があるのか?」は病院の待合室でずっと考えていたことです。このまま痛みと苦しみの中、生き続けさせるのは人間のエゴなのかもしれないけれど、生きていて欲しい、って何度も思いました。
そんな自分を納得させたくて、思ったのは「キーラが助からないのなら、高額な医療費を、助かる命に使いたい」ってことです。動物保護施設は財政難のところが多く、特に東欧の施設はエサ代、電気代もギリギリのところが多いです。そういう施設で生きている子に少しでも生きるチャンスを与えたい。。。そんなことを待合室でずっと考えていました。
2014.12.02 12:06 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。