後悔なし

温かいメッセージありがとうございます。

こんなにもたくさんの方々に思って頂けて、キーたんは幸せ者です。

***
近所の公園はキーラとの思い出がいっぱいで、
公園.jpg

油断しているとぐっときます。
穴.jpg

私は「最後まで諦めたらいかん」が信条のスポ魂ニッポン人なので、正直に言うと、キーラの安楽死、すんなりとは受け入れられませんでした。
キーラ2.jpg

話を聞いてから処置まで2時間しかなかったので、その2時間ずっと心の中は「なんでだよ、ちくしょー。」
キーラ3.jpg

涙と鼻水がとめどなくあふれて、人前なのにみっともなかったです。
キーラ.jpg

アドちゃんにキーラの安楽死の話をしたら、「仕方ないね」って涙一筋も流さず、すんなり納得。

やっぱりね。。。

2時間でなんとか心の整理をつけて挑んだキーラの旅立ち。

キーラがすやすやと穏やかに眠るので、こちらも心穏やかに送ってあげることができました。
大往生.jpg

安楽死に関して、悔いは残りませんでした。

***
今日で”キーラとの別れ話”はおしまいです。

明日からはいつもの柴犬とオランダ人の観察日記、綴ります。

ではまた明日!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

19 Comments

美穂 says...""
キーたんの横顔、新鮮!
凛としていて綺麗ですね。
それにしてもアーたんの黒マスク。
やられましたね。
2014.11.21 16:02 | URL | #79D/WHSg [edit]
チャコ says...""
キーたん。会った事もないけど涙が止まりませんでした。
安楽死。難しい問題ですね。
自分の犬とのお別れもいつか来るし、そのような事を考えないといけない時がくるかもしれません。
でもキーたんはアスカちゃんとセナちゃんといつものようにお昼寝していると思いながら、逝ってしまったのでしょうね。
2014.11.21 16:16 | URL | #79D/WHSg [edit]
くりママ says...""
Miyukiさん、とても、とても、辛い時に、更新をありがとうございました。
大切なワン家族を持つ全ママパパが潜在的に抱える、正解のない問題、書いて頂いて感謝の気持ちでいっぱいです。
世界中のファンの皆さんとご一緒に、祈っています。
キーたん、ありがとう。またね。
2014.11.21 16:30 | URL | #79D/WHSg [edit]
ゆみ says...""
安楽死、本当に難しい問題ですよね。
私は、先代のワンコが手遅れ状態で14才のワンコの介護をして見送った人間で、一瞬たりとも安楽死を考えませんでした。
でも、今回のキーたんの件で今更ながら痛くて苦しい思いをしていたのなら安楽死という選択肢もあったのかなと…(´・ω・`)
キーたん、もう会えなくなるのかと思うと涙が溢れてしまいます。
でも、キーたんが苦しまずに気持ちよく眠って天国に行ったが救いです(T_T)
アーたんの無邪気な鼻黒姿、可愛くて涙流しながらも笑顔になります。
2014.11.21 19:26 | URL | #79D/WHSg [edit]
あずき says...""
3人娘ちゃん、の可愛い事…。
あずぱぱにキーたんの話をしたら、「ヨーロッパとかでは 自分がお世話を出来なくなったと思ったら、事故責任でそういう風に送る形も多いんだって」と言われました。
我が家も、それから密かにmiyukiさんのブログを愛読してるあず友ママさんも「最後まで諦めてはいかん」派の日本人気質なので、昨日の日中はどぉ~んと落ち込んで彼女といっぱいお話をしました。
宗教観や事故責任の範囲等の違いもあり、なかなか難しいテーマでしたが、いずれは去りゆく命に向き合う時私は…と、考えさせられる貴重な機会になったのかなと。
miyukiさん、重かったけど、とても大切なキーたんの命の記録のご紹介、本当にありがとうございました。
2014.11.21 19:59 | URL | #79D/WHSg [edit]
ロザママ says...""
キーラ先輩は、とっても穏やかな大人でした。
きっと、キーラ先輩は病院に行く前から、周りの空気を察して、自分の運命をわかっていたのではないでしょうか。そして、彼女は老いた彼女のママと大好きな柴姉妹のアスカちゃん、セナちゃんに、そして、自分のことをわが子のようにかわいがってくれたMiyukiさんに静かにありがとうの言葉を言って眠りについたのだと思います。
私も最後の最後まで、Miyuki さん同様に、わが子の傍にいたいと思う日本人ではありますが、アドさんとお話しした際に「キーラは、充分に犬として愛されていた人生だった。幸せだったんだよ。」と話していました。苦しませたくない。苦しむわが子の姿を見るよりも、愛された記憶の残っている中で虹の橋を渡る、それが今回の全てのキーポイントなのではないかと自分に言い聞かせています。
キーラ先輩、一緒にお散歩した、とても平和なあの日を忘れません。日差しが柔らかくみんなで楽しく一列に並んで散歩したあの日を。
本当にありがとう。天国から、見守っていてくださいね。ありがとう。
2014.11.22 00:29 | URL | #79D/WHSg [edit]
Mirror Miroir says...""
落ち着いておられるようで安心しました。少し笑える4コマ漫画も更新しましたよ。
2014.11.22 00:55 | URL | #79D/WHSg [edit]
チャコ says...""
キーたん、会った事もないけど涙が止まりませんでした。
安楽死についてはいろんな考え方があるのだと思います。
今後自分の犬とのお別れもいつか来るし、安楽死について考える時がくるかもしれません。
でもキーたんはアスカちゃんとセナちゃんといつものようにお昼寝しながら虹の橋を渡ったのでしょうね。
2014.11.22 04:37 | URL | #79D/WHSg [edit]
asamichiko says...""
何が正解かなんてわかりませんよね…。
ただ 思うのは
キーラちゃんは愛されて旅立ったんだな、ということ。
命をまっとう出来ず
人の勝手で処分されてしまう子がたくさん
そう思うと
愛してくれる存在に看取られて
幸せだと思うのです。
2014.11.22 05:27 | URL | #79D/WHSg [edit]
タンタン says...""
はじめまして
2代続けて柴の保護っ子を飼っています。
先代の子、癌の手術後大変辛い日々を送らせてしまいました。治る見込みが無いのならもっと早く安楽死させてやれば良かったと、いまだに後悔しています。
もし私がキーラちゃんのような状態になったら…是非安楽死させて頂きたいです。難しいでしょうけれど。
キーラちゃん、最高の旅立ち方をさせてもらったと、感謝していると思いますよ。
2014.11.22 11:19 | URL | #79D/WHSg [edit]
たけちな says...""
老犬だから、いかに苦しませず、穏やかに旅立たせるかが難しい試練ですよね。さすがに昨日は、コメントも出来ない程ズンドコでしたが、おばさんも頼れる人が側に居て、キーラからしても、安心だったんでは無いでしょうか? 自分が旅立つ時に、大切な友達ワンコ、最愛なるおばさん、大好きなみゆきさん。苦しみの少ない、中々ない幸せな旅立ちだったのでは無いでしょうか?
今日は、美味しい柿を沢山頂きました(^^) 秋の味覚の代表格ですよね☆彡
キーラお疲れ様☆彡 今まで心和ませてくれてありがとう(^^)忘れたりしないぞ!
アドさん腰大丈夫ですか?
2014.11.22 12:48 | URL | #79D/WHSg [edit]
りん。 says...""
こんにちは、人も同じですよ 主人の両親をおくるときも同じでしたよ。延命はしませんでした。
穏やかな最後がいかに遺された人のためにもなるかは、私達にしかわかりません。
泣いてあげれるって、幸せだったんですよね。
おたがいにね。(^^)
2014.11.22 13:03 | URL | #79D/WHSg [edit]
ひ says...""
2014.11.22 13:14 | URL | #79D/WHSg [edit]
Mirror Miroir says...""
今ポチしたら何とMiyukiさんのブログが1位に!凄い!でもキーたんの喪中なので祝福の言葉は控えます。
2014.11.22 14:29 | URL | #79D/WHSg [edit]
chieko says...""
キーたんママにも色々な事情があったと思いますし、何が正解なのかはわかりませんが…
安楽死させる日の前日に自力でまだ歩けていたなら、まだ自力で数日は生きられたんじゃなかったのかなと思いました。
キーたんママはこれから一人で寂しいでしょうね。
気がかりです。
2014.11.23 02:10 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
美穂さんへ
横顔の写真、そういえば少ないかも。もっと撮っておけばよかった。。。
最近、穴掘りに目覚めたようで、毎日黒マスクになってます。可愛いから許すけど。(笑
チャコさんへ
キーラの為に泣いて下さってありがとうございます。皆に大事に思ってもらって、キーラは本当に幸せ者です。
いつかアスカやセナとも別れなくてはいけませんが、後悔のない別れができたらいいなって思います。あと最期はキーラの時みたいにちゃんと「ありがとう」って伝えたいな。
くりママさんへ
老化で年々記憶力が低下していて、書いておかないと忘れそうで。。。忘れたくないことも記憶からこぼれ落ちていってしまいます。
キーラとの別れ、辛かったけれど、最後に感謝の気持ちと大好きだっていう気持ちをたくさん伝えられたので、満足しています。今までに3匹愛犬、愛猫を見送りましたが、どの子にも「死んじゃいやだー」としか言えず、もっとちゃんと送ってあげれば良かったと後悔しています。
2014.12.02 23:16 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
ゆみさんへ
私も先代タローを「少しでも長く生きて」と母の反対まで押し切って、獣医に連れて行ってしまい、タローにも母にも辛い思いをさせてしまいました。獣医が嫌いだったタローは最期は獣医帰りの車の中で心臓発作で死んじゃって。。。(涙
キーラとの穏やかな別れを目の当たりにして、こういう別れ方は残された方も辛さが軽減するのかもと思い始めています。
アスカの黒マスク、可愛過ぎて、怒れません。
あずきさんへ
オランダは人間にも「安楽死」が認められている国なので、予想通りの反応でした。
でも、なんであんなに簡単に受け入れられるんだろう。
24キロの犬は抱えられない、食べられないからもう生きられない、痛みがひどくてかわいそう、頭ではわかっていても「安楽死」の決断はなかなかできないし、簡単には受け入れることもできません。
あの日はほんと辛かった。。。ドイツに来て一番泣きました。
全てが終わった今は後悔はないので、すっきりしています。会えないのは寂しいけれど、いい思い出がたくさんあるから、アスカとセナがいるから大丈夫です。
ロザママさんへ
キーラ母、今日もお花ありがとうって言ってました。
本当に素敵な花束で、キーラにぴったりでした。枯れかけの白バラを買ってきたどこぞのアホウとは大違いです。
Mirror Miroir さんへ
楽しい4コマありがとう。いつか家の犬も描いて下さいな。
2014.12.02 23:29 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
asamichikoさんへ
キーラは野犬としてギリシアで生まれ、ドイツの保護団体にレスキューされて、縁あってキーラ母のところへ来ました。一人暮らしのおばあちゃんとの二人きりの生活で子供のように可愛がってもらって本当に幸せな犬生だったと思います。
キーラのような保護犬が1匹でも幸せになれるよう、キーラの医療費としてカンパしようと思っていたお金を保護団体に寄付することにしました。キーラ、喜んでくれるかな?
タンタンさんへ
はじめまして。初コメントありがとうございます。
私も先代の柴男を無理に獣医に連れて行って、苦しめてしまいまだ後悔しています。あんなにも愛しい子だったのに、「別れたくない」という自分の気持ちを優先してしまって、犬の気持ち、考えていませんでした。
キーラとの別れ、辛かったけれど、悔いの残らない、いい別れができたと思います。ありがとうを言えたのが良かったです。
たけちなさんへ
アド、今週始めから仕事に行ってます。今日は遅刻していましたが。(イラっ
3週間も休んでおいてよく遅刻できますよね。ありえんです。
柿!ドイツでもkakiって名前で売られてます。ちょっと大きめで柔かいのが多いです。日本の梨も食べたいな。
キーラ母、元気にしています。時々遊びに行って、話し相手になってます。アスカとセナもオヤツ目当てで同行してます。(笑
2014.12.05 16:11 | URL | #79D/WHSg [edit]
miyuki says...""
りんさんへ
安楽死とまではいかないまでも、人間も今は延命治療のない尊厳死が増えてきているようですね。私も助からないのなら延命治療は嫌だな。
うちの子ではありませんでしたが、同じように愛おしく思って世話をしてきたので、別れの時はびーびー泣いてしましました。泣きながらでしたが、穏やかな最期を見守ることができて、キーラは幸せな犬生だったって実感しました。いい別れだったと思います。
Mirror Miroir さんへ
アウトランキングの方で1位になれました。
ただもうすぐアセラの方の写真容量がいっぱいになってしまうので、ブログ引っ越すか、新しく作らないといけません。。。
chiekoさんへ
安楽死させた日はまだキーラ歩いていたので、正直、今眠らせるの?!って衝撃でした。こちらは苦痛がひどくなる一歩手前で安楽死というのが一般的なのかな?
全然苦しまず穏やかなキーラらしい静かな旅立ちだったので、それは良かったかなって思っています。
2014.12.05 16:27 | URL | #79D/WHSg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。