スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ため息

昨日は時間があったので、犬孝行。
逆立ち

山散歩です。
アスカ4

最近いろいろと頭を悩ます問題が山積中。
セナ

走り回る2匹を見て気分転換です。
走る

「なんだかなぁ」とため息の出る問題の一つがキーラ母。
大人

また犬を飼いたいって言ってるんです。
セナ2

ティアハイム(動物保護所)から老犬を引き取りたいそうな。
アスカ3

今年78歳で一人暮らしのおばあちゃんなので、恐らく譲渡してもらえないと思うんですが、実際どうんなんだろう。

止めた方がいいと言いたいんですけど、なかなか言いづらくて。
とう

一人が寂しいのはわかるんですけど、自分一人じゃ獣医にも連れて行けないのになんで飼うんだろう。。。
アスカ5

2匹を連れてもっとちょくちょく遊びに行ってあげれば良かったのかな。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

-6 Comments

フクラク母 says...""
難しい問題ですよね。
miyukiさんが、アーたんセナたんを連れて頻繁に遊びに行っていたとしても
きっとキーラママが、もう一度「我が子」と暮らしたくなる気持ちは
なかなか抑えられないと思うんですよね…。
気持が分かる分、反対要因をあげつらって頭ごなしに制止するなんてできないし
譲渡が認められなかった時の落胆を思うと、やはり胸が痛みます。
かと言って…。

実は先日、父が亡くなったのですが
犬が大好きだった父は、よく「また犬が飼いたいなぁ」と言いつつ
もう散歩も満足にしてやれないからと、淋しそうに諦めていました。
昭和の人なので、ベッタベタな可愛がり方ではないのですが
フクを見て、目を細めていた姿が忘れられません。
自分の老いを見据えて、犬との生活の是非を自らに問う。
すごく重くて大切な事ですね…。
長文のくせして、なんの参考にもならなくて申し訳ないです。
2015.01.28 23:30 | URL | #JjWAXRSc [edit]
ティオ松 says...""
はじめまして。和犬大好き、柴犬大好きなティオ松と申します。
いつも楽しく拝見しております^^

私は犬の保護活動をしています。
日本ではどこででも簡単に犬が買えますが、
その中でわざわざお見合いだのトライアルをして
捨てられた犬を必要としてくれることは大変ありがたいことだと思っています。
しかし高齢の方の応募には本当に悩みます。
淋しく暮らしている高齢の方にこそ、犬と暮らす喜びを味わってほしいと思う反面
やはり犬の幸せを考えれば、厳しいなぁというところです。
保健所には飼い主が病気または死亡のため放棄された犬がたくさんいます。

若い大型犬の場合にはやはりお断りするしかないのですが
小型の老犬の場合には、後見人を付けてもらう様にしています。
万が一の時には、その後見人が責任を持って飼うという約束を交わします。
正式に法的な力があるわけではないけれど、後見人と話し合うことによって
犬の具体的な将来図のようなものを描いてもらえると考えています。

しかし日本の場合には、保護団体から断られて、ペットショップで即買いというパターンが
珍しくないので、やはりこの問題は非常に悩ましいところです。

キーラ母さん、あきらめられないかな。。。
かわゆいセナちゃんアスカちゃんの訪問で、何とか手を打ってくれないかな。。。


2015.01.29 01:07 | URL | #mQop/nM. [edit]
ティベママ says...""
それは辛いですね。「やめた方がいいっていいたいけど言えない」気持ちよ~くわかります。
日本人だから。
でも、もしMiyukiさんが、キーラママと新しいわんちゃんとまとめて面倒みるという気持ちが
なければはっきり、「私は手伝えないけど大丈夫?」といったほうがいいと思います。
日本人でなく欧米(や他のアジア)の人には、できないことは出来ないとはっきり言った方が
相手のためだし、伝わると思います。
ADちゃんとMiyukiさんが交代で面倒みるとか、獣医さんの訪問診療サービスを受けられるとか
小型犬で、車でなく、バッグに入れてキーラママが病院に連れていけるなど他の解決策もあればいいのですが。
「寂しいから飼う」のではなく、生き物を飼う責任を考えると辛いですけど新しい犬は無理と思います。
寂しいなら小鳥を飼うとかどうでしょうか?

私の友人の犬は訪問介護犬の活動をしています。資格試験もうけて(ジャッジが突然体に触れて驚かすとか試験項目にあるの)
月数回、老人ホームや施設を訪問しています。
皆さん楽しみに待っていて、笑顔になると聞くと
犬のもつ癒しの力は大きいと感じます。

Miyukiさんはキーラママさんの買い物にお付き合いしたり、セナちゃんアスカちゃんを連れて
遊びにいっているのですから、それで十分だと思います。
Miyukiさんがキーラ家に新しい犬が欲しい!飼ってほしい!と思うのでなければ
断ってもMiyukiさんが責任を感じることはありません。

気分転換のお散歩長くなって霜やけや、じんましんにならないよう気をつけてね。
(わたしは指先しもやけですww)
2015.01.29 02:09 | URL | #- [edit]
shiba_yama says...""
こんにちは♪

考えますね・・・
私の祖父は猫が大好きで、しかも病気や怪我をしている猫ばかり拾ってきてました。
そんな生活を50年以上続けていた祖父がある日、
長年飼っていた猫が天国へ行き、愛護センターへ猫探しへ出かけたら・・・
「お宅の家は家族が全員60歳を超えているから猫は預けられない」と言われました。
その後、猫がいない生活では病気になりそうなほどになり、
初めてペットショップへ行ってお金を出して猫を飼いました。
祖父は猫を置いて先に旅立つような人ではないから、
飼わせてあげたいのに・・・変な世の中ですよね。

あとね・・・90歳を超えて寝たきりだった近所のおばあちゃん、
先日3ヶ月の柴犬を飼いました。
それはそれは私も考えさせられました・・・>_<
犬はプロのお世話係の方が、散歩へ連れて行ってくれます。
長くなりましたので、詳しくはまたゆっくりと・・・^^;

私は、キーラママのためにこんなに思ってくださるmiyukiさんがいて
キーラママは幸せだと思います。
きっと神様が良い方向へ導いてくださいますよ。
そう祈ってます^^
2015.01.29 02:33 | URL | #- [edit]
miyuki says...""
フクラク母さんへ

やっぱり我が子とよその子じゃ違いますよねぇ。
夜とか一人でいるのが寂しいんだと思います。
気持ちはよくわかるんですけど、どうにもしてあげられない。。。
正直、止めた方がいいと思うんですけど、面と向かって言えなくて、そのままになっています。
なるべく長く犬を飼いたいなぁ。(猫でもいいけど)
健康に気をつけて60過ぎてもカクシャクと犬と歩きたいなぁ。

ティオ松さんへ

はじめまして!保護活動をなさっているんですね。
ティアハイムに行っても年齢がネックになって普通は譲渡はされないと思うんですが。。。ティアハイムによっては後見人がいる場合は高齢者にも犬が譲渡可能な所があるので、どうなるのかまだよくわかりません。
最近忙しくてなかなかキーラ母の話を聞いてあげられなくて、遊びにも行けなくて、またため息がでます。。。
2015.02.14 00:55 | URL | #BIEnVpUQ [edit]
miyuki says...""
ティベママさんへ

キーラの時ほど援助はできないって言った方がいいですよね。
老犬を飼ったら、また病院通いで医療費が嵩んで大変ですよね。私の方も送迎の負担が大変だし。。。ってことを自分で考えてくれたら楽なのになぁ。。。
責任もって一人で飼えない以上は諦めるのが筋っていう正論をどれだけ相手を傷つけないように言うか、頭が痛いです。日本語だったらもう少し楽なのに。
小動物にしたらいいのになぁって。

足の指がしもやけです。お風呂に入る度にかゆくって。(涙
もう冬も終わりそうなのにまだ治りません。

shiba_yamaさんへ

おじいさまは猫好きだったんですねぇ。
動物のいない生活、私も考えられません。。。夫のいない生活は想像しまくりなんですけどね。

寝たきりのおばあちゃんが柴犬の子犬ですか?!?!散歩係を雇えるほどお金があるんですね。ほー。
お年寄りに飼われている犬たちは人間と一緒に過ごす時間が多いからか、大人しい子が多く、精神的に落ち着いているなぁっていつも思います。
でも散歩に行けないのに、犬を飼うのはちょっとどうかと思いました。
2015.02.14 01:11 | URL | #BIEnVpUQ [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。